1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【風の時代×12星座】お金を貯める方法

【風の時代×12星座】お金を貯める方法

  • 2021.4.6
  • 9009 views

こんにちは、WriterPalm45です。

先が読めない社会情勢の中、やっぱり不安になるのはお金のことだったりします。

「……で、どうしたらいいの?」と、まずはそこから迷っている方も多いことでしょう。

そこで、風の時代にマッチしたお金の貯め方を12星座別にアドバイスをお伝えします。

おひつじ座(牡羊座)

口座引き落としの経費や電子マネーなど、直接目に見えないお金の動きに注意。
自動積立預金などを利用して、給与が振り込まれたら即座に先取り貯金するシステムを作ってしまえば、知らないうちに目標額達成できそうです。

おうし座(牡牛座)

基本的に貯蓄は得意なおうし座さんですが、やみくもに貯め込む、といった傾向も。
今後は長期的な目標と計画を立てて、無理のない範囲でコツコツと続けていきましょう。
所有することに価値がある美術品やブランド品などを購入する際は、本当に必要かどうかをこれまで以上に慎重に吟味して。

ふたご座(双子座)

頭では貯金の必要性を分かっていても、なかなか実行に移せずそのうちあきらめてしまうふたご座さんは、お金を回しながら増やしていくことに視点をシフトしましょう。
投資に関する才能があるので、ノウハウをしっかり勉強して少額からチャレンジしてみては。

かに座(蟹座)

貯金があることで安心できるかに座さん。とはいえ、投機的なことには今ひとつ不向きなので、節約してコツコツ路線がこれまた安心です。
ただし、節約が行き過ぎるのは風の時代にはそぐわないでしょう。副業にチャレンジするなど、新たな収入源を持つのはおすすめですよ。

しし座(獅子座)

しし座さんはもともと貯蓄が苦手。だったら収入を増やせばいい、という感覚の持ち主です。
ですから、見栄や自己満足のために持ち物や車、住まいなどを高級にするのではなく、仕事道具にお金をかける、職場と住まいを兼ねるために広い家に住む、などのように、モチベーションを維持しつつお金がめぐる消費行動を心掛けると◎。

おとめ座(乙女座)

貯蓄大好きおとめ座さんは、時代の流れに即対応してこれまでと同じペースで貯蓄額を増やしていけそう。
今後は新しい貯蓄の方法や、副業としての投資にチャレンジを。働き方の工夫も収入増、貯蓄額増に寄与します。

てんびん座(天秤座)

てんびん座さんはもともと「お金は使ってナンボ」という感覚の持ち主ですが、風の時代はそんな生き方もふんわりと受け止めてくれます。
それだけに、貯蓄からはさらに遠のいてしまいそう。とはいえ、将来に不安を感じるなら強制的にお金を貯める工夫を。
貯蓄型の保険や自動積立預金などのサービスをうまく活用すると吉。

さそり座(蠍座)

一度目標を定めてしまえば達成まで粘り強く取り組むさそり座さんは、コツコツお金を貯めるのもそう難しくはないはずです。
「いつまでにいくら」という目標よりも、何に使うのかを明確にしておくと、気分的に楽になれるのではないでしょうか。
ちなみに、ストレスから散財に走りやすいので、まとまったお金はすぐに下ろせないような金融機関に預けておくといいでしょう。

いて座(射手座)

いて座さん、せっかちですから……。コツコツ貯金するより、パッと結果が分かりやすい投資などの方に目が向きやすいんですね。
ネットを駆使して経済の動きにアンテナを張り巡らせ、一つのやり方にこだわらずに、お金を動かしながら資産を作っていきましょう。
小口で手広く、とリスク分散させることも大事です。

やぎ座(山羊座)

稼ぐのも貯めるのも大好きなやぎ座さんですが、お金が貯まるとどーんと大きな買い物をしがちです。
そのための貯金なら大いに頑張るのですが、「老後のため」「備えとして」といった漠然とした目的だとただ何となく貯めるだけで充実感がありません。
節税を兼ねた投資など新しいことにチャレンジすると、気分も関心度も変わるでしょう。

みずがめ座(水瓶座)

「カネやモノの所有にこだわらない」というみずがめ座さんの価値観に時代が追いついてくるので、余計に貯金からは遠ざかりがちです。
それよりも、知識やスキルを磨くために自分自身への投資を積極的にして、収入を増やしていくことに目を向けましょう。
もともと必要な事以外にはお金を使わないので、収入が増えれば自然にお金もたまっている、といった現象が起こります。

うお座(魚座)

貯蓄の達人や経済に詳しい友人を頼りましょう! また、貯蓄仲間を作るのもいいですね。
誰かと一緒なら楽しみながらお金を貯めることができますし、アドバイスをくれる人の金銭的価値観がすんなりと自分のものになるので、「○○さんのアドバイスに従ったらいつの間にかお金が貯まってた!」という嬉しい結果に。
ただ、その素直さにつけこんでくる悪い人には注意ですよ!

いかがでしたか?

お金や権威が重視されていた地の時代が終わりを告げ、自分らしく生きることが目的となる「風の時代」が始まりました。ということは、働き方やお金に対する考え方もアップデートしないとならないわけで……。
とはいえ、お金はこの先ずっと必要なものであることには変わりありません。
世の中の価値観が変わるということは、個人の意識も同時に変わっていくということですから、あまり心配し過ぎず流れに乗って、自分らしくお金とつきあっていきたいですね。
(WriterPalm45/ライター)


元記事で読む