1. トップ
  2. 窓のおかげでお湯の注ぎすぎを防げる!【セリア】の「コーヒードリッパー」

窓のおかげでお湯の注ぎすぎを防げる!【セリア】の「コーヒードリッパー」

  • 2021.4.5
  • 4676 views

コーヒー好きなので、朝は家族の分も含めてコーヒーメーカーで数人分のコーヒーをいれますが、午後は自分用に一人分のコーヒーをハンドドリップでいれています。

【画像を見る】調味料を計量中にこぼしやすい人には 【セリア】の「ミニ計量カップ」がおすすめ

でも、粉の膨らみ具合に気をとられていると、ついついお湯を入れ過ぎてしまってカップからコーヒーが溢れ出すことがしばしば。

家事や仕事の合間にコーヒーでちょっとひと休み…のはずが、キッチンペーパーを何枚も出して台やカップを拭くハメになって、はぁ~と後悔することに。

カップにどれぐらいたまってるか分かると、こんな失敗しないんだけどなぁ、と思っていたら【セリア】でドンピシャのものを見つけました。

一見、普通のドリッパーだと思ったら、パッケージ写真を見て「これはいい!」と即、購入
一見、普通のドリッパーだと思ったら、パッケージ写真を見て「これはいい!」と即、購入

「コーヒードリッパー」100円(税抜き)です。

店頭でパッと見たときは、ボディが黒いシンプルなドリッパーか…とスルーしかけたのですが、パッケージに書かれた「ドリップ量が確認できる」の文字を見て、足がピタリと止まりました。

こ、これは私が求めているものでは!?

手に取って見てみると、側面に窓がついているじゃありませんか! これなら、お湯を入れ過ぎちゃった~!の失敗も回避できるはず。

【画像を見る】側面に大きく開いた窓から、抽出量が確認できる
【画像を見る】側面に大きく開いた窓から、抽出量が確認できる

材質はポリプロピレン。

耐熱温度は100℃。

サイズは約幅127×高さ71×奥行100mm。

3つ穴タイプ。直径6cm以上のカップに対応
3つ穴タイプ。直径6cm以上のカップに対応

抽出部分は3つ穴で、直径6cm以上のカップであれば使えます。

2~4杯用のフィルターに対応
2~4杯用のフィルターに対応

フィルターの対応サイズは2~4杯用。

早速セットして、ドリップしてみます。

抽出量が見えて安心
抽出量が見えて安心

お~、見える、見える!

これなら溢れ出す心配もありません。

無事、溢れさせずに1杯分を入れられた
無事、溢れさせずに1杯分を入れられた

無事、1杯分のコーヒー抽出完了。

使用方法を守れば、おいしいコーヒーがいれられる
使用方法を守れば、おいしいコーヒーがいれられる

ちなみに、パッケージラベルによるとコーヒー1杯分のお湯の目安は120~140mlだとか。

そのほか、ペーパーフィルターは底部や横の貼り合わせ部分を互い違いに折ってからドリッパーにセットする、1杯分のコーヒー粉の目安は10~12gなど、使用方法にはコーヒーをおいしくいれるポイントまでさらっと盛り込まれているのも親切です。

この数字を目安として覚えておけば、アメリカンじゃなくてブレンドの濃さでマグカップいっぱいにコーヒーを入れたいときにも応用できそう。

私のようについお湯を入れ過ぎちゃうハンドドリップ派の人はもちろん、この春からひとりコーヒーデビューという人に絶対おすすめ。

窓があるとないとじゃ大違いですよ!

文=カッパスキー

元記事で読む