1. トップ
  2. ファッション
  3. InRedの付録が「紀ノ国屋」バッグ祭り!どれもおしゃれで大人買い不可避。

InRedの付録が「紀ノ国屋」バッグ祭り!どれもおしゃれで大人買い不可避。

  • 2021.4.5
  • 2357 views

宝島社のファッション誌「InRed(インレッド)」の2021年5月号(4月7日発売)は、老舗スーパーマーケット「紀ノ国屋」のバッグが付録として付いてきます。

通常号、増刊号、特別号と、それぞれデザインやアイテムが異なるので、必見ですよ!

大きさも考えられている

・通常号

まず通常号の付録から。こちらは、買い物時はもちろん、普段使いにも便利なバッグです。

キャンバス地仕様で作りもしっかり。白地に緑で紀ノ国屋おなじみのマークがおしゃれで印象的です。

サイズは約高さ29×底幅29.5×マチ13cmと大きめですが、両側面、内側、背面に計5つのポケットを備えているため、中身の整理もしやすい作りです。

サイドのポケットには、500mlのペットボトルが入ります。内ポケットは、スマホや鍵など、取り出す機会の多いものを入れておくといいですよ。背面の2つのポケットは深さもあるので、ペンケースやノートなど、高さのあるものを入れるのに適しています。

大きいバッグは中身がごちゃごちゃしやすいですが、これなら整理しながら入れることができるので、良いですよね。

通常号の価格は1180円です。

・増刊号

増刊号には、買い物で役立つコンパクトで持ち運びしやすい「エコバッグ」が2つもついてきます。

黒地に白のロゴが映えるバッグは、約高さ30×底幅29.5×マチ15.5cmと大きめで、スーパーでの買い物に活躍してくれます。ティッシュ箱などかさばるものも入れられますよ。使わない時は、くるくると丸めることもできます。

赤いロゴのミニバッグは、コンビニなどでの買い物に便利なサイズ感です。サイズは約高さ26.5×底幅20.5×マチ8.5cm。小さく折りたたんで持ち運べるパッカブル仕様なのもうれしいポイントです。

どちらもナイロン生地で厚さはありません。その分コンパクトに持ち運びできます。また汚れもささっとふき取れるメリットもあるので、デイリー使いにいいと思います。

増刊号は1420円です。

特別号レビューと感想まとめ

・特別号

さらに、宝島チャンネル限定で販売される「特別号」の付録にも、紀ノ国屋デザインのアイテムがついてきます。こちらは、ネイビー地にピンクのロゴが映える買い物バッグと、ベージュ地にネイビーのロゴが印象的なポーチの2個セットです。

布製の柔らかい生地で、サイズは約高さ32×底幅29.5×マチ14.5cm。こちらも小さく折りたたむことができます。桜を思わせるパステルピンクのロゴとネイビーの配色は、春気分を高めてくれそうですね。

セットのポーチは、カードや小銭、リップや鍵などバッグの中で散らばりがちな小物を収納するのにも使えます。サイズは約縦13×横13×マチ1.8cm。バッグとセットで使ってもよし、手持ちのバッグに入れておくのもアリです。

特別号の価格は1250円です。

まとめ

バッグの生地がそれぞれ違うのが特徴的でした。

そして、大きいサイズのバッグは3つともほぼ同じ。食品や雑貨など、日々のお買い物に便利なサイズ感です。生地やセット内容が違うので、シーンに合わせて使い分けるのがよさそうです。

どのアイテムも紀ノ国屋デザインですが、思わず3冊まとめ買いしたくなりそう。4月7日に同時発売されるので、気になる人はチェックしてみて!

元記事で読む