1. トップ
  2. 『ドラゴン桜』山下智久の演技は現在に繋がっていた? 作品のバトンは高橋海人へ

『ドラゴン桜』山下智久の演技は現在に繋がっていた? 作品のバトンは高橋海人へ

  • 2021.4.5
  • 1279 views
リアルサウンド映画部

「バカとブスこそ東大に行け」などのインパクト抜群のフレーズの数々と、次々と紹介される実用的な勉強法で、『ドラゴン桜』というドラマが話題を集めたのはもう16年も前のことだ。当時から現在に至るまで、このドラマないしは原作となった漫画に影響を受けて本当に東京大学を目指したという人も少なくないのではなかろうか。4月25日から始まる日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)2021年版の放送に先駆けて、前作である2005年版の再放送が4月5日からスタートする。

いきなり余談で恐縮ではあるが、前作の当時高校2年生だった筆者の周囲ではかなり影響力の大きなドラマであったと記憶している。進学校だった高校の友人たち以上に熱量が高かったのは地元の仲間たちで、劇中の龍山高校のシーンの撮影で使われていた学校が、学区の中学校の目の前にあった廃校だったことも相まって、放送期間中にはとにかくその話題で持ちきりだった。場所柄か龍山高校にいそうなやんちゃなタイプが多かったため皆登場人物たちにどことないシンパシーを覚え、自分の将来についてそろそろ真剣に考えなくてはと悩んでいたり。なかなか他のドラマとは違うダイレクトな刺激を受ける稀有な作品であった。

物語は、経営難に陥った底辺校・龍山高校の立て直しを任された、阿部寛演じる元暴走族の貧乏弁護士・桜木が、その高校を進学校化するという無謀すぎる奇策を思いつくことから始まる。他の教師たちと反発し合いながら、初年度に東大合格者5名を出すと宣言し、落ちこぼれの生徒たち6人に徹底的に東大受験突破のスキルを叩き込んでいくのである。原作漫画ではその勉強法が前面に押し出されていたわけだが、ドラマ化にあたっては、生徒たちの家庭環境にフォーカスを当てるなどドラマ性が高められる脚色が加えられることで“学園ドラマらしさ”が付与される。それでもやはり、ごく一般的な学園ドラマとは一線を画す部分が多々見受けられた。

たとえば東大合格という明確な目標へ突き進んでいく、“学業が本分”と言われる高校生活の本質を突き詰めていくサクセスストーリーであったり、そこに必要なロジックの探求から精神論までもすべて加えたスポ根ドラマ感であったり。ましてや学園ドラマがこぞって無視しがちな授業シーンに重きを置き、登場人物ひとりひとりの放課後ストーリーとバランスよく絡み合うところもそうだ。奇抜な特別講師たちと対峙しながら成長していく生徒たちの物語に説得力とリアリティが必要不可欠なものとして与えられていくのは、物語として東大を目指しているとはいえ、東大自体、大学受験自体があまりにもリアルに存在しているからに他ならない。また、わずか6人しかいない生徒たちの受験結果が主人公である桜木の去就に影響をもたらすなど、常に生徒と大人が共闘関係に置かれていることも、いい意味で“学園ドラマ”から脱却している部分と言えよう。

その6人の生徒たちが、現在から振り返ってみればあまりにも豪華すぎるというのが、この『ドラゴン桜』の最大のポイントであることは忘れてはなるまい。往々にして学園ドラマは多くの若手俳優たちにとって出世作となりうるものだが、このドラマも例外なく2005年当時に将来が期待されていた6人が生徒役を務めている。当時NEWSのメンバーだった山下智久を筆頭に、長澤まさみ、新垣結衣、中尾明慶、小池徹平、紗栄子(当時はサエコ名義であった)。彼らのその後については改めて説明する必要もないだろう。単なる若手俳優の登竜門としての次元を軽く飛び越える10割の出世率は、もはや他の学園ドラマと同じように括ってしまうのもはばかられるほどだ。

とりわけその中でも、山下が演じる矢島勇介というキャラクターは、まぎれもなくこのドラマのもうひとりの主人公であり続けた。第1話の冒頭で、借金取りに絡まれているところを桜木に助けられ、その後体育館で演説をする桜木に真っ向から反論する。そして家の借金を肩代わりしてもらうという買収めいた手段を駆使された上で東大進学クラスに引き込まれる。自分が無知であることに誰よりも早く気付き、そこから抜け出すための方法を徹底的に模索する。つまり本来の主人公たる桜木は、矢島にとってのメンターに過ぎないというわけだ。そして同時に、クラスに入る他のメンバーを引き込む役割を果たしたり、長澤演じる幼なじみの水野直美を支えたり、すべてにおいて矢島というキャラクターがいなければドラマが成立しなかったことがよくわかる。

この矢島という役柄を、山下の俳優としての経歴と照らし合わせてみると実に興味深い。当時20歳になりたてだった山下。それまで『ランチの女王』(フジテレビ系)や『Stand Up!!』(TBS系)などで見せてきたちょっとやんちゃで朗らかな10代の学生としての面影と、翌年主演を務めることになる『クロサギ』(TBS系)などで得る20代の青年としての新たな一面のちょうど中間地点にあるのが、この『ドラゴン桜』と、次のクールに控えていた『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)であったわけだ。『野ブタ。』でも明るいキャラクター性とは裏腹に父親との関係に悩みながら、“プロデュース”をすることで学校生活のおもしろさと友情を見出し、『ドラゴン桜』でも同様に家庭環境と自分の夢との折衷を見つけ出せずにもがいていたところで、勉強を通して新たな夢を得るのだ。

また『ドラゴン桜』では、演技と同時に自身が作詞も務めた楽曲「カラフル」が挿入歌として起用され、ソロアーティストとしての道も切り開いている。こうしたいくつものターニングポイントが集約されている作品を、山下がジャニーズを退所して積極的に海外にも活躍の場を拡げているいまのタイミングで改めて観るというのはなかなか感慨深い。周囲とぶつかったり助け合ったりを繰り返しながら、自分自身を知り、自分なりの夢とそれを追うための決断をする劇中の矢島の姿は、現在の山下の飛躍と確実に結びついているのではないだろうか。

2021年版の『ドラゴン桜』でも、前作に負けない演技力と話題性をもった現代の若手俳優界のトップレベルの顔ぶれが生徒役として揃い、その中にはKing & Princeの高橋海人の名前も含まれている。高橋が演じる役柄は、両親が遺したラーメン店を姉と切り盛りするという複雑な家庭環境と同時に、将来に対する不安感を抱えているという役どころ。前作における矢島と水野を想起させるものがあるだけに、前作での山下のように物語の中核を担うポジションとなることだろう。山下から高橋に『ドラゴン桜』という作品のバトンが受け継がれるとなれば、ここはやはり、長澤だけでなく山下をはじめとした前作の生徒キャストの再登場を期待せずにいられない。

※高橋海人の「高」は「ハシゴダカ」が正式表記。 (文=久保田和馬)

元記事で読む