1. トップ
  2. 米映画館が営業再開、ノーラン監督が観た作品は?ディズニーの激動など、映画業界の混乱はまだまだ続く

米映画館が営業再開、ノーラン監督が観た作品は?ディズニーの激動など、映画業界の混乱はまだまだ続く

  • 2021.4.4
  • 510 views

ディズニーは、全米では5月7日公開予定だった『ブラック・ウィドウ』の新公開日が7月9日となり、劇場公開と同時にディズニープラスの「プレミアアクセス」で配信することを発表した。日本でもこれに伴い、7月9日(金)より劇場と「プレミアアクセス」で同時公開される。5月28日公開の『クルエラ』も同様に劇場公開&プレミアアクセスでの同時公開となる。また、6月18日に日米同時公開を予定していたディズニー、ピクサーの最新作『あの夏のルカ』は、Disney+で追加料金なしで配信されることに。

【写真を見る】再開したLAの映画館に現れたクリストファー・ノーラン!鑑賞したのは本年度アカデミー賞ノミネート作品

『ブラック・ウィドウ』と同じく『クルエラ』も劇場公開と同時に配信される [c]2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『ブラック・ウィドウ』と同じく『クルエラ』も劇場公開と同時に配信される [c]2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

このほかにも公開延期作品が相次いで発表された。7月に公開を予定していたマーベルの『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings』は9月3日(金)公開に、ライアン・レイノルズのアクションコメディ『フリー・ガイ』は8月13日(金)に、『キングスマン:ファースト・エージェント』は北米は12月22日、日本では12月24日(金)公開へ、ベン・アフレックとアナ・デ・アルマス共演の『Deep Water』は2022年1月14日公開(日本では2022年劇場公開予定)、ケネス・ブラナー監督の『ナイル殺人事件』は2022年2月11日(金・祝)公開となった。

ライアン・レイノルズのアクションコメディ『フリー・ガイ』は北米・日本ともに8月13日公開 [c]2020 20th Century Studios.
ライアン・レイノルズのアクションコメディ『フリー・ガイ』は北米・日本ともに8月13日公開 [c]2020 20th Century Studios.

アメリカでは、3月初旬にニューヨーク市内の映画館が、中旬にはロサンゼルスの映画館も約1年ぶりに営業を再開している。収容率は25%、もしくは1劇場あたり50名が限度で、作品によってはソールドアウトになる回も出ているという。3月15日のロサンゼルスの映画館が再オープンした際には、『TENET テネット』(20)のクリストファー・ノーラン監督も駆けつけ、ワーナー・ブラザーズが2月18日の劇場公開と同時にHBO Maxでも配信している『Judas and the Black Messiah』を鑑賞したと伝えられている。

劇場再開によって、パラマウント・ピクチャーズは『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の米国公開を9月から5月28日に早め、ユニバーサル・ピクチャーズは『ワイルド・スピード/ジェット・ブレイク』の米国公開を5月から6月25日へと後ろ倒ししている。

『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』は米国公開を9月から5月28日に早めるという判断 [c]2020 Paramount Pictures. All rights
『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』は米国公開を9月から5月28日に早めるという判断 [c]2020 Paramount Pictures. All rights

劇場の営業が再開しワクチン接種も進んでいるが、ストリーミング配信へ移行になる作品は依然として増えている。パラマウント・ピクチャーズはマイケル・B・ジョーダンとジェイミー・ベル共演の『Without Remorse』(4月30日北米公開予定)と『The Tomorrow War』(7月23日北米公開予定)をAmazon Primeへ、『My Little Pony』(9月24日北米公開予定)をNetflixに移譲、2022年に公開予定だった「パラノーマル・アクティビティ」シリーズ続編を、3月に立ち上げたばかりの自社ストリーミング・サービスのパラマウント・プラスに移行した。ソニー・ピクチャーズは『スパイダーマン:スパイダーバース』(18)のフィル・ロード&クリストファー・ミラーによるアニメーション『The Mitchells vs. The Machines』(4月30日北米公開予定)、ポール・ワイツ監督の『Fatherhood』(4月16日北米公開予定)とアニメーション映画『Wish Dragon』をNetflixへ移譲。ユナイテッド・アーティスツ配給のジョニー・デップ主演作『Minamata』は、劇場公開されずにVOD化されている。ディズニーに限らず、1年間もの間劇場が閉じていた弊害は大きく、アメリカの映画業界の混乱はまだまだ続きそうだ。

ジョニー・デップ主演『Minamata』は、劇場公開はざれず配信スルー [c]Berlinale
ジョニー・デップ主演『Minamata』は、劇場公開はざれず配信スルー [c]Berlinale

文/平井 伊都子

元記事で読む