1. トップ
  2. ファッション
  3. 今人気の「BOHOスタイル」の部屋づくりに♡海外風インテリアが叶うアイテム

今人気の「BOHOスタイル」の部屋づくりに♡海外風インテリアが叶うアイテム

  • 2021.4.4
  • 2910 views

無垢の素材感を大切にした家具を取り扱う「Kanademono(かなでもの)」より、新ブランド「Favrica(ファブリカ)」がローンチ。現代的なボヘミアンテイスト漂うアイテムが充実しているので、自宅にナチュラルな民族調のアイテムを取り入れておしゃれなBOHOスタイルを完成させてみませんか。

Favricaとは

ブランド名の「Favrica(ファブリカ)」には、Favorite(お気に入り)+ Rica(スペイン語で「豊かな」)=「好きなものに囲まれた生活」という意味が込められているそう。Favricaではそんな癒しのライフスタイルを送ることができる、心地よさに重点を置いた天然素材のアイテムが豊富に揃います。

デザインはアメリカ西海岸で流行しているミックススタイルに、自然が持つ力強いイメージがプラスされた現代的なボヘミアンテイスト。ゆったりとしたリラックス空間を演出する温もりとナチュラル感あふれるインテリアが目白押し。

無造作に置くだけでモロッカンな雰囲気を演出するプフ

Favricaでは無垢材やラタン、大理石など、天然素材ならではの芯の強さを持つ、魅力的な素材のプロダクトを多くラインナップ。数あるプロダクトの中から、今回は気軽に取り入れることができるアイテムをお届けします。

まずは、お部屋の空いているスペースにそっと置くだけで一気におしゃれ空間へと誘ってくれるプフをご紹介。プフとはモロッコで親しまれているクッションスツールのことです。素材にはコットンが使用されていて、一つひとつ丁寧に編み上げられたハンドメイドもの。モロッコでは山羊皮使用のものが伝統的ですが、日本ではニットやウール製のものが主流のようです。φ80×高さ35cmとボリュームのある大ぶりサイズなので、安心して身をまかせてゆったり座ることができますよ。

Natural - Pouf コットン プフ スツール
21,800円(税込)
カラー:Beige/Gray
サイズ:φ80×高さ35cm

お部屋全体に生命力をもたらす自然味あふれるアート

新たな季節の始まりには、アートを取り入れて気分一新してみませんか。
続いてご紹介するのは、大胆な筆致が美しいBrush Strokeシリーズ。自然の息吹を感じるみずみずしい葉の躍動感が伝わる一枚です。うっすらと背景に描かれている葉が立体感を生み出し、深緑色の存在感を引き立たせているのが特徴的。お部屋全体に生命力をもたらしてくれるような、生き生きとしたアート作品です。壁に掛けて楽しむもよし、床に何気なく立て置いてもよし。ディスプレイ方法はお好みでどうぞ。

Art Frame 暮らしにアートを
8,250円(税込)
カラー:フレーム3色(Black/Gold/Stainless)
サイズ:A1サイズ(幅59.4×高さ84.1cm)

異国情緒溢れるボヘミアンな空間を演出するラグ

気軽に敷くだけで心地よい洗練された空間へと導く、華やかなラグも豊富に揃います。
Favricaで取り扱われているのは人気のヴィンテージスタイルをはじめ、モロッカンやコンテンポラリーなど、どれも個性的で存在感のあるラグばかり。一枚敷くだけで空間全体のトーンを変え、いつものお部屋が一気に異国情緒溢れるボヘミアンなムードに早変わりしますよ。デザイン性の高さはさることながら、手触りの良さや生活動線を邪魔しない実用性なども兼ね備えているのも特長です。洋服を選ぶようにラグも季節によってコーディネートすれば、新しい気持ちで日々の暮らしをスタートすることができますね。

VINTAGE STYLE RUG
HANDMADE RUG
MOROCCAN RUG
CONTEMPORARY RUG
各種27,500〜35,500円(税込)
※商品によりサイズ展開が異なります。

ひとつプラスするだけで一気に華やぎ空間へ

エキゾチックな非日常感がありながらもどこか親しみやすく、日本人の感覚にもフィットする現代的なボヘミアン調インテリア。そんなオリエンタルなインテリアを取り入れることで、異国情緒溢れる幻想的な空間を実現することができます。

Favricaのアイテムであれば大掛かりな模様替えをする必要もなく、ひとつプラスするだけで一気に華やかな空間に。今回ご紹介したアイテム以外にもガラステーブルやチェアなどの家具も充実しているので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

writer / ちほ photo / Kanademono

取材協力

Kanademono(かなでもの)
https://kanademono.design/

元記事で読む