1. トップ
  2. 「1年で戻ってくるの、早くね?」とーやま委員のラジオ新番組『SCHOOL OF LOCK! 教育委員会』スタート

「1年で戻ってくるの、早くね?」とーやま委員のラジオ新番組『SCHOOL OF LOCK! 教育委員会』スタート

  • 2021.4.4
  • 1822 views

TOKYO FMでは、4月2日(金)から新番組『SCHOOL OF LOCK! 教育委員会』がスタート。初回の放送では、番組の内容が紹介されました。

この番組は、TOKYO FMで平日22時から放送中の番組「SCHOOL OF LOCK!」で2020年3月まで10年間校長をつとめたとーやま元校長が、SCHOOL OF LOCK!“教育委員会”のメンバーとなり、ラジオの中の学校に戻ってきたというもの。社会人世代のリスナーとともに、社会の問題や疑問などを学ぶ新たな学び舎『SCHOOL OF LOCK! 教育委員会』の「とーやま委員」に就任します。

とーやま委員:まず、6割くらいのみんなが思っていることを代弁しますけど……「1年で戻ってくるの、早くね?」っていう。俺も……思っているよね、そりゃね(笑)。

この教育委員会が何をやっているのかというと、“SCHOOL OF LOCK! の教育行政における重要事項や基本方針を決定したりしている……”という場所です。俺も入ったばかりでよくわかっていないんだけど。でもSCHOOL OF LOCK! で扱う大きなテーマを決めたり、人事とか研修の調整をしたり、校舎の整備とかもしているらしいんだけど。俺は下っ端なんだけど、金曜の夜だし偉い人はいないので、この1時間は私の自由な時間にさせてもらおうと思っております!

で、どういう話をしていこうかというと……僕は10年間SCHOOL OF LOCK! をやらせてもらったなかで、(2016年に)選挙権が18歳に引き下げられました。SCHOOL OF LOCK! ではそういった授業を全国でやったりしたんですけど、そのときに僕は「なるほど、選挙のことって34、35歳になってもあまり知らなかったな」と思って、そこから新聞を読み始めたりしました。そういう話はSCHOOL OF LOCK! のなかでもしてきたんですけど、もっと大きな問題が社会にはあるわけですよ。社会の仕組みだったり、最近大きく取り上げられているジェンダーの問題だったり、働き方とか、学校のそもそものあり方とかね。これからの時代に僕たちはどういうことを学んでいったらいいのか、とか。たくさんの議題、課題で学ばないといけないことがあると思うけど。それを聴いているみなさんといっしょに、勉強していけたらいいなと思います。俺も詳しいほうではないので、時には専門家の方に来ていただいたりとか、過去にSCHOOL OF LOCK! でお世話になった講師の方がたくさんいるので、そのころとはまた違う、別の角度からのお話も聞いてみたいと思います。

この教育委員会で扱うべき議題に関して、みなさんからの意見もたくさんいただけたらと思っています。

また、月イチのレギュラーとして平手友梨奈の出演も発表し、3年間SCHOOL OF LOCK! で共演したとーやま委員へのコメントもオンエアされました。音声を聞いたとーやま委員は「え、寝起き?(笑)。やっぱ、変わってねーな。躍動しているところと、棒読みのところと……」と苦笑しつつ、「(平手の言葉には)嘘がまったくない、本当に思ったことしか言ってくれないというのは、みんなも3年間を通してわかっているはずで。新たな友梨奈ちゃんのラジオがどういったものになるのか、本当に楽しみにしていてほしいと思う」、「ハードルを上げても超えてくるのが、俺たちの平手友梨奈だと思っているので。友梨奈ちゃん、1年ぶりだけど、再来週から楽しいラジオの時間をよろしく!」とメッセージを送りました。

番組内のコーナー『平手LOCKS!』は、毎月第3金曜日23時10分ごろから放送されます。

SCHOOL OF LOCK! 教育委員会へのメッセージは、公式ツイッター(@sol_iinkai)、公式LINE、番組のWebサイトで受け付けています。

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!教育委員会

パーソナリティ:とーやま委員

放送日時:金曜 23:00~23:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/iinkai/

元記事で読む