1. トップ
  2. レシピ
  3. 【アラサーからのぼっちメシ】新橋で絶品すぎるカオマンガイとパクチー食べ放題を楽しむ!

【アラサーからのぼっちメシ】新橋で絶品すぎるカオマンガイとパクチー食べ放題を楽しむ!

  • 2015.6.17
  • 1983 views

年間300軒以上飲み歩くアラサーOL、ハツです。この連載では、ハツが独りで飲んだり食べたりする『ぼっちメシ』の様子を、ひたすらレポートしていきます。

★【アラサーからのぼっちメシ】一覧はコチラ

 

毎週水曜日更新のこの連載。この日もNO残業デーの水曜日に街に繰り出しますよ! ということで、今回は私の勤める会社からもすぐ近くの「新橋」でぼっちメシ。

新橋といえば、サラリーマンの聖地。女ひとりでお店に乗り込むなんて10年早いわ! とビビっていましたが、最近オープンしたという女子向けのお店を発見してしまったんです。

そのお店が、タイで人気のカオマンガイ専門店『ガイトーンShinbashi』。2015年3月にオープンしたばかりなんですが、このピンクの外観が目立つこと!

時間は19時をまわるちょっと手前。お店に入ってみると、お客さんはワタシのほかに2組ほど。ほとんどお客さんはいませんでした。

外観だけでなく、店内もピンクです! これはすごい(笑)。

 

テーブル席とカウンター席があり、席数は27ほど。ゆったりしている感じではありませんが、カウンター席はキッチンに背を向ける形なので、店員さんに見られている感が苦手な人は落ち着けるかも。

 

席に座ると、「ご注文は?」と聞かれる。

メニューが手元になかったので、「メニューをください」と言うと、「これです」と、目の前の壁に貼ってある紙を指さされました。

そうです。メニューはカオマンガイ1種類のみです。なんていったって、専門店ですからね!

タイといえば、シンハービールでしょう。まずは、こちらから!

 

そして、かんぱい~! と言う相手は今日もいませんが、とりあえず乾杯♪ もちろん、瓶のまま頂きます。

 

最近ブームのパクチーは食べ放題です! パクチーは美容にもいいので、ここぞとばかりにおかわりしちゃいましょう。

 

ビールで一息ついている間もなく、お目当てのカオマンガイが登場。カオマンガイは、中国の最南端・海南島が発祥で、東南アジア各地で親しまれている料理なんだそう。

鶏のスープで炊いたごはんに、ゆでた鶏肉と特製ソース をからめて頂きます。新鮮な鶏肉を、火加減を調整しながらていねいにゆでているので、しっとり、やわらか~い! 味もしっかりしみています。

タイ料理ではおなじみのジャスミン米を、鶏肉をゆでたときにできたチキンスープで炊いているので、うまみたっぷり♪ エスニックを感じるソースは、本場タイの味噌、醤油、黒酢醤油を使って独特の深みを追求しているんだとか。

そのまま食べても、ソースをたっぷりからめても、パクチーをアクセントに食べてもおいしい。色々な食べ方が楽しめます!

カオマンガイはスープがついて、お値段800円。ハツは大盛りをお願いしたので、プラス50円です。さらに、シンハービールが560円だったので、お会計は1,410円でした。

これは、満足度高いぼっちメシなのではないでしょうか! パクチー好きの女子も要チェックですよ。

さて、次回はどこでぼっちメシしようかなぁ。見かけたら話しかけてくださいね! (ハツ)

 

【店舗情報】
「ガイトーンShinbashi」
住所:東京都港区西新橋1-20-11
電話:03-6206-6710
営業:11:00-21:00 (L.O.21:00) (鶏なくなり次第終了)
参照:オフィシャルホームページ