1. トップ
  2. ファッション
  3. 足もと&手もとをアップデートして、誰からも注目されるフェス・ガールに。【バッグ編】

足もと&手もとをアップデートして、誰からも注目されるフェス・ガールに。【バッグ編】

  • 2015.6.17
  • 1506 views

【さらに写真を見る】足もと&手もとをアップデートして、誰からも注目されるフェス・ガールに。【バッグ編】

Photo: InDigital

夏の定番イベントといえば、フェス。音楽のビートに揺れながら、仲間と楽しめるイベントにはスタイリッシュなルックで出かけたい。そんなフェスのムードを盛り上げてくれるバッグ&シューズを紹介。前回お届けしたシューズ編に続き、今回はバッグ編を紹介します。

エトロ 躍る度に揺れるフリンジで、ボヘミアンなグラマーガールに。

今季のETRO (エトロ)は「FREE SPIRIT」をテーマに、フェスに欠かせないボヘミアンスタイルを披露。細かいプリント、ビーズや刺繍使いで繊細かつ大胆な、ディテールを楽しめるアイテムが数多く登場した。その中でもフェスに集まるファッショニスタの視線を釘付けにしてくれるに違いないのが、このフリンジバッグ。フォークロアな刺繍がアート感をプラスし、あなたを大人のフェス・ガールに。リュクス&フェミニンなムードを漂わせる、ロングフリンジを揺らして躍り明かして。

ウエストポーチもスタッズのパンクなパワーでエッジィな相棒に!

お騒がせセレブ一家の一員、カイリー・ジェンナーがコーチェラフェスティバルにのたまにチョイスしたのは、オールブラックスタイル。ベアトップ x ミニでもブラックでまとめれば大人ロックに変身。ブラックのフラワークラウンをヘアあくせに、一味違ったパンク・プリンセスの誕生! そんなカイリーがフェスバッグに選んだのは、両手が塞がらないのでアウトドアイベントにぴったりのウエストポーチ。エッジィなスタッズ使いはフェスとの相性もよし。フェスを楽しむためにはこんな機能性とスタイるを兼ね揃えたアイテムで出かけたい。

シャネル アート感あふれる、メッセンジャーバッグで知的のフェス・ガールに!

「Make Fashion, Not War」という、強いメッセージを掲げ、知的で強い女性像を打ち出すコレクションで魅せたCHANEL (シャネル)。このビックサイズのメッセンジャーバッグは、ペンキが滲み込んだようなアートな演出も取り入れられたモードな一点。ツイードで施されたロゴマーク、バッジやピンがリュクスな遊び心をプラス。斜がけも様になるショルダーバッグはアクティブでいたいフェスに最適なアイテム。

フェス常連さんはミニマムなスタイルで参戦するのがルール。

TOPSHOP (トップショップ) とコラボしてフェス向けのファッションラインをローンチするほど、フェス好きで有名な女優、ケイト・ボスワース。彼女が今年のコーチェラに選んだのは、COACH (コーチ) のミニバッグ。トライバルなバッグとジャケットにミニホワイトドレスを合わせるバランス感覚はさすが。ミニバッグひとつでミニマムに、ケイトをお手本にフェス通のムードを漂わせてみては?

モスキーノ アクティブなフェスは、乙女心がぎっしり詰まったリュックで楽しもう。

春夏のMOSCHINO (モスキーノ)のコレクションでは、カラフルでキッチュなスタイルを身にまとったリアルバービーたちが、颯爽とランウェイを闊歩した。注目を集めたのが、このリュック。鮮やかなピンクとロゴがガーリーかつドーリー! ファンクショナルなリュックはフェスにはグッドなアイテム。個性的なリュックを背負って、バービーのように、元気に可愛く騒いでみて!

参照元:VOGUE JAPAN