1. トップ
  2. 恋愛
  3. 12星座別!2021年4月の恋愛運

12星座別!2021年4月の恋愛運

  • 2021.4.1
  • 14331 views

こんにちは! ayuraです。
今月も一緒に恋愛運についてみていきましょう!
新しい1年のスタートである4月はいったいどのような一カ月なのでしょうか?
まずは星の動きからお伝えいたします。

星の動き

1日
牡羊座 太陽 60度 土星 水瓶座
2日
魚座 水星 60度 冥王星 山羊座
4日
水星が牡羊座へ
山羊座の下弦の月
6日
牡羊座 金星 60度 火星 ふたご座
10日
ふたご座 火星 90度 海王星 魚座
11日
牡羊座 水星 60度 土星 水瓶座
牡羊座 金星 60度 木星 水瓶座
12日
11時31分 牡羊座 新月
牡羊座 金星 90度 冥王星 山羊座
14日
牡羊座 太陽 60度 火星 ふたご座
15日
金星が自分の星座である牡牛座へ!
16日
牡羊座 太陽 60度 木星 水瓶座
90度 冥王星 山羊座
17日
ふたご座 火星 120度 木星 水瓶座
18日
牡羊座 水星 60度 木星 水瓶座
火星 ふたご座(小三角)
19日
牡羊座 太陽 0度 水星 牡羊座
水星が牡牛座へ(2度目のイングレス)
20日
太陽が牡牛座へ
しし座上弦の月
23日
牡牛座 金星 0度 天王星 牡牛座
火星が蟹座へ!
24日
牡牛座 水星 0度 天王星 牡牛座
25日
牡牛座 金星 90度 土星 水瓶座
水星 90度 土星
26日
牡牛座 金星 0度 水星 牡牛座
27日
12時31分 蠍座満月
28日
冥王星が逆行へ!
30日
牡牛座 水星 60度 海王星 魚座

水星の星座移動

4月は水星が二つの星座を移動していきます。
まずは牡羊座、そして15日後には次の牡牛座へと移動していきます。
牡羊座の水星は確かに展開がスピーディーかつ明確な星です。
この期間は物事がシンプルにそしてスッキリと進んでいくイメージでいてください。
牡牛座の水星は感覚と思考が調和する星です。
思考と感覚を上手に組み合わせたコミュニケーションが活発になるでしょう。
この時期はじっくりゆっくりと考える方が、うまくいきやすいときです。
月の後半、水星と同じように神経をつかさどる天体の天王星とおうし座で直列に重なります。
この時期は、神経が過敏になったり落ち着きがなくなったりするので、注意して過ごすようにしましょう。

牡羊座新月

この新月は、太陽と月、金星と水星が接近した状態で起こります。
特に水星と新月は、ミッドポイントにMCを挟む形で接近しています。
太陽は自分自身や人生の目標。
月は心や感情などの情緒。
水星は思考や行動などの神経を意味する星です。
この3つの天体は、私たちが生きていく上で欠かすことのできない、重要な要素です。
自分が自分であるために、最低限必要な要素でもあり、人間の基本ともいえるでしょう。
これが社会の到達地点を意味するMCに集まっています。
星座は自分自身のアイデンティティを意味する牡羊座。
今回の新月は個人個人の意識が目覚めていく新月となりそうです。
新月は11ハウス双子座の火星と60度
6ハウス 山羊座の冥王星と90度で、強い刺激を受けています。
今こそ、現実のために動きだせ、生まれでよ、目覚める時。
そんな声が聞こえてくるような新月になるでしょう。
未来のために今自分ができることを明確にする時かもしれません。
逆に自分に足らないもの、自分にできない事に関しては、一つ一つを意識して自分を認めましょう。
新しく自分の意志をしっかりと持ち、進んでいくスタートの新月です。

金星が自分の星座である牡牛座へ!

金星は牡牛座のルーラー(守護星)ですから、自分のホームへ帰ってきたことになります。
ここから金星の力が一気に強くなっていくでしょう。
牡牛座での金星は、あたたかく、そして穏やかな一面を見せてくれます。
華やかさよりも、こだわりぬかれた美が輝くときです。
ファッションはセンスの光る小物やインナー、下着や雑貨に力を入れてみてください。

太陽が牡牛座へ、しし座上弦の月

追いかけるように、太陽も牡牛座へ入り、そしてしし座の上弦の月となります。
牡牛座の太陽はゆったりと忍耐力のある星です。
そして月があるしし座のルーラーです。
しし座の牡牛座も不動宮ですから、確固たる意志の強さはここでも確かなものになるでしょう。
さらには同じ牡牛座で天王星に金星が接近している状態です。
ここから牡牛座の本来の力が目覚め、私たちにもたらされていくでしょう。
牡牛座は縁の下の力持ちという印象の強い星座ですが、ですがこだわりぬく力は抜群です。
自分にとって大切なものは譲らない、その強さが身に付くタイミングです。
今まで自信がなかったことにも、一歩踏み出していける重要なタイミングとなるでしょう。

火星が蟹座へ

火星はそのスピード感を失うことなく、ホロスコープを駆け抜けていきます。
蟹座の火星は、いつもの火星とは雰囲気が変わります。
無謀で無茶をし勝ちな若い男性のようなエネルギーが消え、どこか過度な安定志向に。
強い意識は変わりませんが、守ることや大切にすることに情熱が注がれます。
ですが人に対して良かれと思って何かをやろうとするときは、一度立ち止まって。
本当に求められていることか考えてから行動すると良いでしょう。

蠍座満月

この満月では9ハウスの牡牛座に集まった天体たちが3ハウスの蠍座の月へ一気に力を送り込みます。
学び、学習、習得、思考というテーマが大きくあり、そこに医学や哲学、学術、芸術という感覚や価値観の専門性という要素が加わってきます。
また遠出や、海外というテーマと移動というテーマも絡んでくるでしょう。
何かと一気に動き出すような雰囲気がある満月です。
進化のために、この先の未来へ進んでいくための大きな一歩がここで起こるかもしれません。
活発な雰囲気が強い満月です。

冥王星の逆行

冥王星の逆行はここから10月7日まで続き、ここから惑星逆行期がはじまります。
社会全体で、少し振り返りする時期にきました。
新年があけて、新年度になった4月。
今年も波乱の中私たちは生きています。
普通の生活をしながら、いつもとは違う日常を、これからの日常として適応している真っ最中なのです。
一度立ち止まり、時代の変化についてしっかりと考えましょう。
社会は一人一人が集まっていできている集団です。
社会が自分にしてくれることよりも前に、自分が社会に対して何ができるかということも考えられると良いでしょう。
では星座ごとのワンポイントアドバイスについてお伝えいたします。

おひつじ座(牡羊座)

新月は牡羊座で起こります。
この新月で新しくあなたは生まれ変わるような脱皮をするような感覚になるかもしれません。新しい自分をあの人にしっかりアピールできる予感です。

おうし座(牡牛座)

あなたのエネルギーが輝くときです。
たくさんの星たちがあなたに力をたくさん送ります。あなたが主役となりたくさんの人を導きます。思い通りの展開も期待できそう。

ふたご座(双子座)

あなたの隠された魅力が輝く時です。
今まで知らなかった自分に出会えるかもしれません。
勢いもエネルギーもたくさん沸いてくるので、愛する人にもまっすぐ向かっていけるとき。

かに座(蟹座)

落ち着いた愛を楽しめるような時間です。
センスの合う友人たちと音楽や食事を楽しみ刺激をもらいましょう。突然嬉しい運命の扉が開きそうです。

しし座(獅子座)

何か大切なものに気づくかもしれません。
愛はひとつの大きな山場を迎える可能性も。今月はあなたらしい華やかな輝きではないですが、新しい魅力を手に入れることができそうです。今までできなかったことを乗りこえる力を得られそうです。

おとめ座(乙女座)

愛の力があなたの人生を後押ししてくれるような時間です。
あなたの感覚や感性を大切にしてくださいね。誰かに何かを言われても自分スタイルをしっかりと貫いて。それが愛を貫く力となるでしょう。

てんびん座(天秤座)

あなたの守護星が牡牛座に入ります。
金星のセンスを一気に花開かせましょう。洗練された美しさを春の風になびかせて歩いてください。あなたにくぎ付けになる人が居るはずです。内側の感覚を研ぎ澄ませてください。

さそり座(蠍座)

愛は急展開を迎えるかもしれません。
良いことも苦しいことも、すべて受け止めて進んでください。
あなたの人生はあなたが答えをだすものです。ゆっくり深呼吸をして周囲を見渡せば、たくさんの愛に囲まれていることに気づけるはず。

いて座(射手座)

フィジカルな美しさによって、目の前の相手を魅了できそうな一カ月です。
生活に張りがでてきて楽しくなる時間でもあります。健康と美を意識して過ごすことで、あなたの恋愛運は良い状態をキープできるはず。

やぎ座(山羊座)

あなたにとって嬉しい愛の時間です。ゆっくりと確かに近づいていける仲。
自分の思っていること、感じていることを上手に表現できそうな予感です。
びっくりするような展開を経験する人も居るかもしれません。

みずがめ座(水瓶座)

愛の関係においてだけでなく、さまざまな事で刺激の多い一カ月です。
あっという間に時が過ぎていくかもしれません。今月は愛の関係でも、仕事や生活においても、あなたが成長する場面がたくさんあるでしょう。

うお座(魚座)

今月は牡牛座の金星に癒やされたり元気をもらえる一カ月です。自分のペースや気持ち、感覚を大切にしながら、愛をゆっくりはぐくんでいけるでしょう。言葉に輝きが出るときです。あなたに癒やされる人も増えるでしょう。ちょっと驚きの情報が入ってくる人も居るかもしれません。
(Ayura/ライター)



元記事で読む