1. トップ
  2. Snow Man・岩本照「クセ、笑いが溢れる作品を楽しんでほしいです」風間俊介主演ドラマで“チャラい”テレビディレクターを演じる!

Snow Man・岩本照「クセ、笑いが溢れる作品を楽しんでほしいです」風間俊介主演ドラマで“チャラい”テレビディレクターを演じる!

  • 2021.3.31
  • 702 views

風間俊介主演のドラマ「やっぱりおしい刑事」(毎週日曜夜10:00-10:50、NHK BSプレミアム)のSnow Manの岩本照が出演。また、第1話から出演しながらも謎につつまれていた武田真治がドラマ後半戦の“キーパーソン”として登場することが明らかとなった。

【写真を見る】武田真治が押井(風間俊介)の宿敵の“知能犯”を演じる!

同作は、風間が“惜しい”刑事を演じ話題となったドラマ「おしい刑事」(2019年、NHK BSプレミアム)の第2弾で、並外れた推理力で華麗に犯人を追い詰めるものの、いつも最後に事態が急転、手柄を同僚に横取りされてしまう“惜しい刑事”こと押井刑事(風間)の活躍を描く。

武田は、幾つもの偽名を使い分けて闇を抱える人間に近づき、彼らの心を操っては犯罪を起こさせてきた知能犯・羽堂亜郎を演じる。羽堂は、押井の推理力に興味を持ち、どちらが優れているかを知らしめるため押井に近づいてきた変わり者という役どころ。

風間は、武田の印象を「謎の男として、この物語に波乱を起こします。武田さんの優しい笑顔も、この物語では不穏の種となりそうです。ある種、押井と表裏一体、コインの表と裏、そんな存在。武田さん演じる謎の男は、救世主か、はたまた、敵か。これからの物語が、楽しみです」と語った。

岩本は、4月11日(日)放送の第6話に出演。押井を取材したいと宇戸橋署に密着リポート企画を持ち込んだテレビディレクターを演じる。岩本は「終始笑顔がたえない現場で、風間くんのアドリブ力の高さにも驚きながら、すごく刺激的な時間をすごさせていただきました。僕が演じたチャラいTVディレクター甲元が担当している番組が、僕がもともと録画するぐらい大好きな番組に瓜二つなので、そこにも注目していただきながら、クセ、笑いが溢れる作品を楽しんでほしいです」とコメントを寄せた。

また、4月4日(日)の放送の第5話では、少年忍者の元木湧、平塚翔馬が出演。HiHi Jetsの橋本涼も押井をライバル視する鑑識として出演している。

第5話「第二の足跡」(4月4日[日]放送)のあらすじ

芳川(武田)は押井(風間)に近づくため、わざわざ事件の重要参考人となっていたことが判明。だが、依然その正体は謎に包まれていた。

そんな中、公園で撲殺死体が見つかる。被害者は近所でも有名な雷おやじで、公園にたむろする少年たちを良く叱っていたとの証言が得られ、リーダー格の少年(元木)を取り調べたところ犯行を自白。が、少年の姉(佐藤玲)から「弟が殺人をするわけがない」と訴えられた押井は捜査を続行する。

元記事で読む