1. トップ
  2. 「何に見える?」本当のあなたはプラス思考?マイナス思考?【心理テスト】

「何に見える?」本当のあなたはプラス思考?マイナス思考?【心理テスト】

  • 2021.5.13
  • 230079 views
undefined

人間にはプラス思考の人とマイナス思考の人がいます。同じ出来事を経験しても、プラス思考の人とマイナス思考の人では捉え方が全く違ってくるでしょう。あなたは自分がどちらのタイプか知っていますか?意外と自分ではわかっていないかもしれません。探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.垂れ耳の犬

2.黒電話

3.逆さまの鼻

4.おしゃぶり



1.垂れ耳の犬に見えた人は「プラス思考」

図形が垂れ耳の犬に見えた人は、プラス思考かもしれません。根っからのプラス思考で、どんなこともとにかくプラスに考えてしまうお気楽なところがあるでしょう。嫌なこともプラスに持っていってしまうので、幸せを感じやすかったりはしますが、思慮が浅いところはあるかもしれません。

このタイプの人は、明るく柔軟な考えの持ち主かもしれません。大抵のことは「なんとかなる」と思っているので、基本的に何に対してもプラスに考えやすかったりするでしょう。マイナス思考の人を見ると、どうしてそんなに暗く考えるのか理解ができないかもしれません。

ただ「なんともならないこと」に直面した時に、あなたが本当にプラス思考なのかが試されてくる可能性はありそうです。とはいえそれほど大きなイベント以外では、プラス思考を存分に発揮できる前向きな人でしょう。

2.黒電話に見えた人は「ややプラス思考」

図形が黒電話に見えた人は、ややプラス思考かもしれません。マイナス思考も同時に働きますが、結果的にプラス思考が勝ち残るタイプと言えるでしょう。マイナス思考で答えがでない状態をあまり好まないせいかもしれません。

このタイプの人は、面倒くさがりでせっかちなところがありそうです。そのため、マイナス思考でうじうじと堂々巡りな考えを持っていることが苦手なのではないでしょうか。考えがまとまらなくなると「まあいいか」と結局プラス思考に戻る人かもしれません。

それなりにマイナス思考も働かせているので、リスクを考えたり別の側面をみたりする力もあるでしょう。総合的に物事を考えた上で面倒くさくなって「なるようになる」と放り出すような考え方の癖がありそうです。

3.逆さまの鼻に見えた人は「ややマイナス思考」

図形が逆さまの鼻に見えた人は、ややマイナス思考かもしれません。あなた自身はプラス思考の方が良いと感じているので、なんとかプラス思考にしようと頑張っていますが、考えているうちに自然とマイナス思考に傾いているところがあるでしょう。

このタイプの人は、頭が良いが故になんでも頭で解決しようとするところがありそうです。そのため、いつまでも考え込んでしまったりするところがあるでしょう。プラス思考で「なんとかなる」と思っていても考えをやめることができず、結局マイナス思考に落ちてしまうかもしれません。

ただ、きちんと考えているためリスクを考慮した行動は得意ですし、楽観視しすぎて後で大変なことになることも少ないでしょう。強いて言えば、頭を働かせすぎるあまり、自分の気持ちを無視するところは少し考えものかもしれません。

4.おしゃぶりに見えた人は「マイナス思考」

図形がおしゃぶりに見えた人は、マイナス思考かもしれません。常にマイナス思考から入り、プラス思考に傾くことはほぼないでしょう。プラス思考でお気楽に考えている人の気がしれないのではないでしょうか。

このタイプの人は、能力は高いのに自分に自信がなく、自分を信用してあげられていないところがありそうです。そのため、色々なことに対して被害的に考えがちですし、自分の責任をすごく追及してしまうところもあるでしょう。

一度マイナス思考に入ってしまうと、なかなか抜け出せず、いつまでも堂々巡りで考えてしまうところもあるかもしれません。ただ、プラス思考の人が意見を挟んでも思慮の浅さが目につき、なかなか受け入れられないでしょう。とりあえず言葉だけでも「まあいいか」と言ってみることから始めるのが良いかもしれません。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース編集部


※2021年4月23日発令の一部地域を対象とした「緊急事態宣言」を受け、『TRILLニュース』記事制作チームでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、より一層の管理体制強化をしております。