1. トップ
  2. KAT-TUN上田竜也、“アニキ”と慕う櫻井翔とドラマ初共演「自然に入りこむことができました」<ネメシス>

KAT-TUN上田竜也、“アニキ”と慕う櫻井翔とドラマ初共演「自然に入りこむことができました」<ネメシス>

  • 2021.3.30
  • 472 views

KAT-TUN・上田竜也が、広瀬すずと櫻井翔のW主演ドラマ「ネメシス」(4月11日[日]スタート 毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)に出演決定。上田は、依頼されたものは何でも作ってしまう“超職人気質な謎の道具屋”として登場する。ふだんから“アニキ”と慕う櫻井とは、意外にもドラマ初共演となる。上田は、広瀬&櫻井の掛け合いについて、「とても安心感があって、初日とは思えないほど自然に入りこむことができましたし、2人のテンションも身近に感じられて楽しめましたし、キャラクターの可愛らしさも出ていて、とてもいいコンビだと思いました」とコメントしている。

【写真を見る】<ネメシス>大島優子、“スピード狂”の医者役に決定「映画の撮影のような規模感」

同ドラマは、天才過ぎる助手・美神アンナ(広瀬)と、ポンコツ探偵・風真尚希(櫻井)の凸凹バディが、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神「ネメシス」の名が付けられた探偵事務所に舞い込む難事件を次々と解決していくミステリーエンターテインメント作品。上田演じる星憲章は道具屋として、チームネメシスをサポートしていく。

上田演じる謎の道具屋、その正体は…無類の駅弁マニア?

謎の道具屋・星憲章の仕事場があるのは、横浜にある映画館『ジャック&ベティ』の地下。星の仕事場に行くためには、顔認証に静脈認証、更には『合言葉』を言わなければならない。いくつものセキュリティを乗り越え、辿り着いた場所は、窓は無く、何に使うのだかよく分からない機材や工具に埋め尽くされた、まるで地下の要塞…。そして、部屋の至る所に、ホラー映画のグッズやチェーンソー、血まみれの斧、そして、あの有名なホッケーマスクなど星の趣味が垣間見られる小物が溢れている。

そんな“強烈な部屋”で仕事をする星に依頼をするためには、ある“鉄の掟”を守らなければならない。それは、“レアな駅弁を持参する事”。レアであればあるほど、面会時間は長くなる。星は無類の駅弁マニアで、部屋でひと際目立つ日本地図には、全国の駅弁のラベルが貼られている。

櫻井演じる風真とは昔からの顔馴染みのようだが、星は風真のことを完全に信用していないようで…さらに、初見のアンナ(広瀬)に対して、「信用出来ない。なんか面白いことやって」と言い、アンナは懸命に星を笑わせようとする。

「広瀬さんと櫻井さんとの掛け合いは、とても安心感」

探偵ものでありながら、コミカルなシーンもあったり、いろんな要素が含まれていて脚本が面白いので、早くオンエアで完成版をみたいなと感じました。星くんのキャラクターは、気難しい感じでいくのか、オタクっぽい要素を出した方がいいのか、様々なパターンを思い浮かべることができて楽しみでした。

駅弁に物凄い執着があったりするところも興味深いキャラクターで、シーンシーンで演じることを楽しめるように心がけました。広瀬さんと櫻井さんとの掛け合いは、とても安心感があって、初日とは思えないほど自然に入りこむことができましたし、2人のテンションも身近に感じられて楽しめましたし、キャラクターの可愛らしさも出ていて、とてもいいコンビだと思いました。

僕のいるセットもすごく手がこんでいて細かいところも作り上げてくださって、とてもかっこいいし、ドラマの域をこえていて心血(しんけつ)注いだことが100%伝わってきます。そんな細部まで楽しんでもらえたらって思います。星くんは職人気質で人嫌いだからずっと地下にこもって作業しているけど、これから彼がどうなるのか、僕自身も楽しみです!

元記事で読む
の記事をもっとみる