1. トップ
  2. ケネス・アンガーに迫るドキュメンタリーが1週間限定公開

ケネス・アンガーに迫るドキュメンタリーが1週間限定公開

  • 2021.3.30
  • 193 views

ケネス・アンガーに迫るドキュメンタリーが1週間限定公開

画像1
「アンガー・ミー」場面写真

マーティン・スコセッシ、デビッド・リンチ、デレク・ジャーマン、ライナー・ベルナー・ファスビンダー、デニス・ホッパー、ガス・バン・サントらに影響を与え、謎と神話に満ちた映画作家ケネス・アンガーに迫るドキュメンタリー映画「アンガー・ミー」が、アップリンク渋谷で4月9日から1週間限定で劇場公開される。

イタリア人映像作家エリオ・ジェルミーニが、生と死をテーマに作品を作り続けたケネス・アンガーの遍歴と映画術を捉えたドキュメンタリー。ジェルミーニ監督自身がアンガーへ行なった出生から現在までを語るインタビューを軸に、アンガーの盟友ジョナス・メカスへのインタビューや豊富なアーカイブ・フッテージにより構成されている。少年時代に「真夏の夜の夢」に出演したことをきっかけに映画の道を志し、インディペンデント映画を学ぶためにヨーロッパに赴きジャン・コクトーやマヤ・デレン、ビスコンティ、パゾリーニらと交流を持ったという逸話をはじめ、「マジック・ランタン・サイクル」収録作品の舞台裏が饒舌な語り口で綴られる。

本作は3月31日発売の「ケネス・アンガー マジック・ランタン・サイクル HDリマスター」Blu-ray(7920円)に特典映像として収録されている。Blu-rayは、本編全10作品すべてにケネス・アンガーによるコメンタリーを収録、ほかにも、元ブロンディで「トランプ時代の魔術とオカルトパワー」の著者ゲイリー・ラックマンによる解説や、「プース・モーメント」の元となる予定だった作品「プース・ウィメン」のアンガーによる直筆スケッチのミニポスターが封入されている。

4月9日から、アップリンク渋谷にて1週間限定公開。アップリンク京都ほかでも上映予定あり。

元記事で読む