1. トップ
  2. 『着飾る恋には理由があって』主題歌を星野源が書き下ろし 初回放送で初披露

『着飾る恋には理由があって』主題歌を星野源が書き下ろし 初回放送で初披露

  • 2021.3.30
  • 1301 views
『着飾る恋には理由があって』(c)TBS

4月20日放送スタートのTBS火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』の主題歌を星野源が担当することが決定した。

本作は、綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描くラブストーリー。

脚本を『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の金子ありさが手がけるほか、制作チームには、『MIU404』(TBS系)や『アンナチュラル』(TBS系)などのプロデュースを担当してきた新井順子、さらに新井と多くの作品でタッグを組み、『MIU404』や『グランメゾン東京』(TBS系)など演出してきた塚原あゆ子が揃った。この3者のタッグは、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)、『中学聖日記』(TBS系)に続いて3作目のラブストーリーとなる。

主人公の“着飾る女”真柴くるみ演じる川口春奈、シンプルを追求する“ミニマリスト男”藤野駿役の横浜流星のほか、ルームシェアメンバー役で関ジャニ∞の丸山隆平、中村アン、真柴が勤務する「el Arco Iris」の社長役で向井理、真柴の後輩役で山下美月(乃木坂46)と高橋文哉、真柴の唯一の女友達役で夏川結衣が出演する。

星野は、音楽家・俳優・文筆家と幅広く活動。俳優としては数々のテレビドラマや映画に出演しており、本作の新井プロデューサーと塚原監督とは、昨年放送された『MIU404』(TBS系)でタッグを組んだ。今回は俳優としてではなく、アーティストとしてタッグを組む。

星野がテレビドラマの主題歌を担当するのは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』以来3年ぶりで、TBSでは2016年10月期の火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』以来5年ぶり。星野が書き下ろす新曲は、4月20日の初回放送で初披露される。

■コメント

・星野源

兎にも角にもキュンということで、ラブソングを書いています。恋愛というものにまっすぐ向き合いつつ、キスにも、涙にも似合う曲が作れたらと思っています。以前ご一緒した、新井さん・塚原さんチームとまた仕事ができてうれしく思うと同時に、川口さんや横浜さんをはじめとしたキャストの皆さんの物語にこの音が響くと思うとワクワクします。あと、“こうじ”が楽しみです。

・プロデュース・新井順子

おうちで過ごすことが楽しいと思えるラブストーリーを作りたい、とこの企画を練っていたとき、星野源さんの配信ライブを拝見しました。
色々な制限があるなか、家でライブを楽しめ、癒され、元気をもらいました。その時に、まだ企画書もないけど主題歌は星野さんにラブソングをお願いしよう! と心に決めました。
俳優・星野源さんとは『MIU404』でご一緒させていただきました。今回、アーティスト・星野源さんとは初めてなので、初共演のような新たな気持ちで一緒に作品を作りたいと思っています。
先日楽曲を聞かせていただき、とても心が洗われました。心が優しく温かい気持ちになれる曲になると思いますので、ドラマとともにお楽しみください!

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む