1. トップ
  2. ファッション
  3. 似合うがわかればもっと垢抜ける!8つの顔タイプ別♡おすすめGU「春コーデ」

似合うがわかればもっと垢抜ける!8つの顔タイプ別♡おすすめGU「春コーデ」

  • 2021.3.29
  • 3627 views

顔タイプアドバイザー®️のイワサキヒロミです。暖かくなり春のお洋服選びが楽しくなってきましたね。今回はALL GUで、春まで使える顔タイプ別おすすめコーデをご提案します。8つの顔タイプから自分のタイプにあったスタイリングをぜひ参考にしてみてください!

自分の顔は何タイプ?簡易セルフ診断

顔タイプ診断とは、お顔のパーツの形や配置から似合うファッションイメージなどがわかります。

自分の顔タイプを知らない、という方はまずは簡単なセルフチェックで自分が何タイプなのか診断しましょう!

診断のポイント

顔の輪郭全て見えるように、髪はアップにして、真顔で真っ直ぐ鏡を見ます。顎が上がらないように注意してください。

Step1で「A」の方が多い:子供顔タイプさんに似合うファッションポイント

子供タイプさんは、カジュアルが得意!きっちりしすぎたスタイルは苦手な傾向があります。

大人っぽいスタイルにする時でもどこかにカジュアルなアイテムを取り入れるのがおすすめ。アイテムがキレイめでも、天然素材を取り入れたり、色を明るくすることでキレイすぎない印象になりますよ。

Step1で「B」の方が多い:大人顔タイプさんに似合うファッションポイント

大人タイプさんは、カジュアルすぎないキレイめスタイルが得意。

全身カジュアルにするよりも、どこかにキレイめなアイテムを入れると魅力が増します。デートからオフィスカジュアルまで使える、着回し力のあるアイテムがおすすめです。

①キュートさんにおすすめの春コーデ

キュートさんは、可愛らしさを感じるカジュアルなスタイルが得意。

春らしいパステル系のカラーもイメージにぴったりです。

パフスリーブのブラウスにハイウエストのデニムでバランスアップ。デニムもホワイトでトップスの春色を引き立てるのがポイントです。

②アクティブキュートさんにおすすめの春コーデ

アクティブキュートさんはキュートさん同様、可愛らしくカジュアル。さらにデザイン性のあるアイテムやはっきりした配色なども得意です。

おすすめは今季大注目のボリュームスリーブブラウス。女の子っぽいサロペットスカートを合わせて袖のボリューム感を強調して。

③フレッシュさんにおすすめの春コーデ

フレッシュさんはシンプルカジュアルが得意です。

春は爽やかさを感じるフレンチスタイルがおすすめ。ボーダーニットにサロペットのボーイッシュスタイルにトレンドのビットパンプスやかっちりしたバッグを合わせて。

ボーイッシュなスタイルでも、色を落ち着かせることで洗練された印象が作れます。

④クールカジュアルさんにおすすめの春コーデ

クールカジュアルさんは、かっこよさを感じる直線的なカジュアルがお似合い。

トレンド感のあるラフなこなれたスタイルも得意なので、シャツワンピースにパンツのレイヤードスタイルをおすすめします。天然素材の大きめバッグでさらに抜け感をプラスして。

⑤フェミニンさんにおすすめのスタイル

フェミニンさんは、女性らしさを感じるスタイルが得意!

トレンドのマーメイドシルエットのフラワープリントスカートがおすすめです。波打つフリルが可愛いリブメロウカーディガンを合わせてさらに女子力アップ。

ワントーンコーデにバッグの差し色で春らしさをプラスして。

⑥ソフトエレガントさんにおすすめのスタイル

ソフトエレガントさんは、上品なスタイリングが得意!

春らしい透け感のあるレースのマーメイドスカートは、シーンを選ばず使えて便利なアイテムです。

ウエストマークされたベルテッドクルーネックブラウスを合わせたワンツーコーデでキレイめ春コーデを完成させて。

⑦エレガントさんにおすすめのスタイル

エレガントさんは、華やかなデザインが得意。

そんなエレガントさんへのおすすめアイテムは、1枚でインパクトのあるカシュクールキャンディスリーブブラウス。鮮やかカラーのサテンテーパードパンツを合わせた大人スタイルもサラリと難なく着こなせます。

小物に黒を入れることで、ピリッと辛らさを入れるとさらに大人っぽくなります。

⑧クールさんにおすすめのスタイル

クールさんは、お顔の周りに直線的なデザインをもってくることで魅力が引きたちます。

Vネックのダブルポケットブラウスは、INしたりベルトマークしやすい丈感で、着回し力が高くおすすめ。

ボトムは軽やかに、サテンマーメイドスカートを合わせて大人っぽくまとめて。

いかがでしたか?顔タイプ診断で自分にぴったりの垢抜けコーデにチャレンジしてみてくださいね!

※記事内の商品価格は筆者調査時の価格です。

元記事で読む