1. トップ
  2. 恋愛
  3. 後悔しない恋愛を。男女が「この人を愛しているのか」と感じる瞬間とは

後悔しない恋愛を。男女が「この人を愛しているのか」と感じる瞬間とは

  • 2021.3.29
  • 991 views

みなさんは好きな彼氏に対して「私ってこの人のこと愛しているのか?」と感じることはありますか?恋愛は他人同士が一緒になるわけですので、お互いが「この人を愛しているのだろうか…」と感じることがあっても、無理のないことといえるでしょう。今回は、男女が「この人を愛しているのか」と感じる瞬間についてご紹介していきます。

ケンカでひどいことを言ったとき

自分がひどい言葉を言ってしまったときに、相手に対する愛を疑ってしまうことがあるようです。「自分はこんなにひどいことを言ってしまったなんて、もしかして相手を愛していないのかもしれない…」と悩んだ経験はありませんか?つい感情的になってひどいことを言ってしまったときは、その時の気持ちをよく振り返ってみることで気持ちに整理がつくかもしれませんね。

一緒にいてときめかないと感じたとき

男女ともに、パートナーに対してときめきを感じないと思った時に「愛しているのかな」と考えることがあるようです。長い期間一緒にいると、どうしても最初のようなときめきを感じなくなることがあるかもしれません。しかしそれは、恋している状態から愛している状態に変化したという可能性も考えられそうです。

友達と居る時を優先したいと思ったとき

自分が友人と遊んでいるときなどに、「友達といる時間をもっと大切にしたい」とふと感じることはありませんか?そのようなときに、パートナーに対して「愛しているのか」と感じる人は多いようです。「今は恋愛をするよりも、友達と楽しく過ごしたい」というのが本音だった…という場合もありそうですね。

気持ちが浮ついてしまったとき

自分自身の気持ちが浮ついてしまったとき、パートナーに対する自分の愛を疑ってしまうことがあるようです。ちょっと他の異性に「カッコいい」と感じたときなど、「あれ、自分はもしかしてパートナーに飽きているのか?」といった感情を抱くというわけです。長期間一緒にいて、パートナーの存在が当たり前になってしまったときにはこのように感じやすいのかもしれませんね。


元記事で読む