1. トップ
  2. 恋愛
  3. 年相応がベスト? 痛いアラサー女性と思われる言動6つ【前編】

年相応がベスト? 痛いアラサー女性と思われる言動6つ【前編】

  • 2014.8.1
  • 728 views

「女子って言葉はいつまで使えるの?」と疑問に思っているアラサー女性も多いと思います。20代前半の頃は許されていたけれど、アラサーだとちょっと…とためらうこともありますよね。

画像:(c)Peter Atkins - Fotolia.com

アラサーになると周囲から「痛い」と思われる言動もあるので、今回ピックアップしたポイントを参考にして素敵なアラサー女性を目指してみましょう!

■1.年齢にマッチしていない服装

フリフリの乙女チックなファッション、若さの象徴ギャルファッションなど、アラサーに適していない服装は痛いと思われる大きな原因です。流行に流され過ぎていたり、合っていない服装は、「自分を持っていない」と思われてしまうかもしれません。

年相応な綺麗目ファッションが、男女から好評だということは念頭に置いておいた方が良いでしょう。

■2.上から目線な発言

人生における経験値が高くなればなるほど、上から目線な言動が目立つこともあります。プライドが異様に高く、周りを仕切りたがる人や自分のことばかりで人の話に耳を傾けない人などは、痛いと思われてしまっても仕方ありません。

例え何でも分かっているとしても、優しく丁寧に教えてあげることが大切です。痛い女性になるか、親切で頼れる女性になるかは、ちょっとした対応次第。優しい対応は自分の価値を高めることにも繋がるので、これまでの経験やキャリアを活かすことを考えてみましょう。

■3.アラサーをネタにして自虐的に

「どうせ私なんて」「アラサーだから●●なんだよね」など、自虐的なネタやネガティブ思考の発言が多いアラサー女性は、はたから見ていると痛い女性だと思われる典型的な姿。芸人のように笑いが取れるならまだしも、周囲が失笑してしまうような言葉を発しているなら、「取っつき難い人」と思われてしまう危険性もあります。

卑屈になっている女性は、自分の良さを無意識のうちに失っていると言っても過言ではありません。もっと周りを明るい雰囲気にさせるような言葉を探して、素敵な大人の女性を目指すことが大切ですよ。

若い女性にはない大人の魅力を磨くことで、自分だけの良さを引き出すことができるはずですよ。「年には勝てない」と卑下せずに、まずはポジティブな気持ちを持つことから始めましょう。

引き続き後編でも、残念なアラサー女性の特徴について紹介しています。もうすぐアラサーを迎える人、アラサー真っ只中の人はぜひチェックしてみてくださいね!

(RUREI)