1. トップ
  2. 唐沢寿明主演「24 JAPAN」最終回は日本版ならではの“驚きの結末”に『何なんだ、この終わり方は!と衝撃を受けたんです』

唐沢寿明主演「24 JAPAN」最終回は日本版ならではの“驚きの結末”に『何なんだ、この終わり方は!と衝撃を受けたんです』

  • 2021.3.26
  • 633 views
「24 JAPAN」最終回を前に、唐沢寿明が見どころを語った (C)2021 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
「24 JAPAN」最終回を前に、唐沢寿明が見どころを語った (C)2021 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

【写真を見る】最終回では、日本版ならではの“驚きの結末”が用意されている

唐沢寿明主演の「24 JAPAN」(毎週金曜夜11:15‐0:15ほか、テレビ朝日系)の最終回が、3月26日(金)に放送される。それに向けて、最終回の見どころを唐沢のコメントとともに紹介する。

同ドラマは、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた世界的大ヒットシリーズ「24」(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描く、シリーズ史上初の日本版リメーク作品

唐沢は、「あれだけ世界を席巻したオリジナル版を元に、新しい作品を作るのは大変なこと」と苦労を口に。

日本版ならではの魅力については、「日本が舞台ではあるけれど、どこでロケをしているか分からないような絶妙な場所をチョイスし、オリジナル版の世界観を損なわない範囲で日本版を作ることができた。それはすごく良かったと思います。スタッフの力量とセンスを感じました」と話す。

また、「作品として、全体的によくできていたと僕は思います」と断言する唐沢。その言葉を支える一大要素は、最終回でもカギとなる“家族の物語”にあった。

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻止すると同時に、テロ集団から命を狙われた妻・六花(木村多江)と娘・獅堂美有(桜田ひより)を救い出すという、あまりにも長く過酷な1日=24時間を、命をすり減らして戦い抜く主人公の獅堂現馬(唐沢)。

最終回では、彼が最終的に愛する妻子と生きて再会することはできるのかが大きなポイントとなる。唐沢も放送スタート前から力説してきたが、実は“家族の絆”こそが「24 JAPAN」最大のテーマ。劇中でも随所で、家族のことを思う心情が、丁寧かつ繊細に描かれている。

唐沢も「今回、“家族の絆”がより強く浮き彫りになっていると思います。娘を助けたい、奥さんを助けたい、そういった感情が“にじみ出てくる”感じがあるんです。オリジナル版はもっとクールで堂々とした感じがあったので。電話で家族と話すだけのシーンでも、違いがあると思います」と、家族を軸とした芝居への思い入れを明かす。

そんな家族の物語の終着地点ともなる、最終回のラストシーン。「24 JAPAN」では、日本版ならではの“驚きの結末”が用意されている。

この結末を受け、唐沢も「オリジナル版のラストを見たとき、『何なんだ、この終わり方は!』と衝撃を受けたんですよ。ああいった“観客を驚かせる演出”は、ドラマにおいて必要なこと。『24 JAPAN』のラストはオリジナル版とはまた少し違うけれど、これもまた“驚かせる”という点ではアリだと思いました」と話している。

さらに、第23話で発覚した“CTUに潜伏する第2の内通者”との戦いなど、結末に向けて盛り上がりを見せる最終回。

唐沢も「オリジナル版も第23話の後半から、俄然面白くなってくる! 内通者の正体も、それが判明してからの展開も僕自身、本当に驚いたんです。だから、オリジナル版を見た方々にはどうか『オリジナル版ではこうだった』と漏らさないでいただきたいですし(笑)、本当にまっさらな状態で『24 JAPAN』ならではの最終回に驚いていただきたい!」と力を込める。

そして、「楽しんでいただける作品であることは間違いない! できればリアルタイムで、それぞれのご都合で厳しければ、録画なり何なりでもいいので、ぜひご覧いただき、『24 JAPAN』が放つインパクトを体感していただきたいです」とメッセージを送った。

【写真を見る】最終回では、日本版ならではの“驚きの結末”が用意されている (C)2021 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
【写真を見る】最終回では、日本版ならではの“驚きの結末”が用意されている (C)2021 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

第24話「11:00P.M.-12:00P.M.」あらすじ

テロ組織の総元締ビクター・林(竜雷太)と長男のアンドレ・林(村上淳)から再び命を狙われるも、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)によって九死に一生を得た日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)。

だが、暗殺が失敗したことを知れば、ビクター親子は人質として監禁している現馬の娘・美有(桜田ひより)を容赦なく殺すに違いない。麗は美有の命を救うため、自分が死んだという偽情報を世に公表。現馬は自分の身柄と美有を交換するよう、ビクター親子に要求し、指定された場所へ向かった。

ところが、指定場所近くに到着し、ビクター親子に電話をかけた現馬は、なぜか彼らが麗の生存を把握していることを知る。CTU内に“第2の内通者”がいると確信した現馬は、CTUに急いで連絡を入れる。

一方、監禁場所から逃げ出した美有は、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)に父を助けてほしいと懇願。鬼束は現馬が向かったと思われるエリアへ、CTUの部隊を緊急派遣する。

だが、その動きをつかんだビクターが、現馬を確実におびき出す作戦に出る。娘が死んだと思った現馬は、ビクター親子のもとへ突入。憎しみの銃弾を放つ。

あまりにも長く過酷な1日を経て、現馬は愛する妻子と生きて再会することはできるのか、衝撃の最終回が幕を開ける。

元記事で読む
の記事をもっとみる