1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 『Your Honor / 追い詰められた判事』ブライアン・クランストンが作品の魅力を語る

『Your Honor / 追い詰められた判事』ブライアン・クランストンが作品の魅力を語る

  • 2021.3.26
  • 151 views
『Your Honor / 追い詰められた判事』(c)2020 SHOWTIME NETWORKS INC. All Rights Reserved.

本日3月26日よりU-NEXTにて独占配信がスタートした『Your Honor / 追い詰められた判事』より、主演のブライアン・クランストンのインタビューが公開された。

本作は、ひき逃げ事件を起こしてしまった最愛の息子の命を守るため、罪を重ねた判事の衝撃的な運命を描いたクライムサスペンス。クランストンが、人々から慕われる判事マイケル・デジアートを演じる。

公開されたインタビュー動画では、クランストンが作品の魅力を語る。デジアートの息子・アダムが起こしたひき逃げ事件により青年が命を落とし、衝撃の事実を知るという設定について「その事実が物語を面白くしているんだがね」と前置きしたクランストンは、「息子がひき逃げして死なせてしまった青年は、凶悪な犯罪組織のボスの息子だったんだ」と物語の重要な転換点を明らかにした。

本作で満を持して主演に挑んだクランストンは、出演を決める際に重視する点について「ずっと心に残り、感情移入ができて、誠実でリアルな物語かどうかということ。本作ではその全てが詰まっていると感じた」とコメント。さらに、最愛の息子アダムを犯罪組織から守るため、ひき逃げ事件の証拠隠滅を図るデジアートの行動こについては、「正直僕は彼の行動を否定できない。僕の息子や娘が同じ状況に陥ったら、我が子を守るために親としてなんでもしたいと思うはず」と、その葛藤に共感したことを話し、最後に「時として不測の事態は起きて、その時に不誠実な対応をすれば負の連鎖を生み、無実の人に影響が及んでしまうんだ。視聴者は主人公と同じような緊張感や恐怖を味わうことになると思うよ」と、メッセージを送った。

さらに、配信開始にあたって日本語吹替版に出演する菅生隆之、平田広明、KENNからコメントも寄せられた。菅生は判事・デジアート、平田は愛する息子を失い復讐に燃える犯罪組織のトップ、ジミー・バクスター、KENNは犯罪組織一家を巻き込むひき逃げ事件を起こしてしまう息子・アダムを演じている。

菅生隆之 コメント
演じる役について
私は、表現者として40年以上演劇畑を歩き、素晴らしい名優たちとも接して参りました。本作のブライアン・クランストンというアメリカの名優の日本語版を担当する中で、彼の芝居の繊細さ、インテリジェンスの高さは、ロバート・デ・ニーロやアル・パチーノとはまた違う存在感を感じます。我々としても、少しでもそのお芝居に近づこうと、収録では、日々戦っています。久しぶりに燃えております!! な、平田!!

視聴者へのメッセージ
明と暗、善と悪、親と子、そして愛する妻。現在の地位。限界って何だろう、どこにあるのだろう……? アクションではありませんが、ドキドキハラハラと展開する骨太なドラマに仕上がっています。どうぞ最後まで、ご期待ください!!

平田広明 コメント
演じる役について
今まであまり経験のない役どころなので、少々戸惑いながらも新鮮な気持ちで役と向き合っています。家族愛が重要なテーマになっているので、特に家族のシーンは相手との関係を大切に台詞のやり取りしようと心掛けています。俳優さんのお芝居が素敵なのでワクワクしながら吹き替えています。

視聴者へのメッセージ
脚本の素晴らしさと映像の美しさが印象的で、重厚な映画を観ている様な感覚になります。にぎやかなストーリーではありませんが、いつの間にか吸い込まれる様に見入ってしまう魅力的ドラマです。どうぞお楽しみに。

KENN コメント
演じる役について
アダムはカメラと写真が好きな穏やかで優しい学生です。そんな彼が様々な現実に直面していくのですが、予想の出来ない展開や感情に振り回されてしまう様子を表現出来たらなと思っています。そして英語の発音に日本語が馴染むよう、距離感や音圧を意識して臨んでいます。

視聴者へのメッセージ
僕も毎回台本を読むのを、そして収録を楽しみにしています。予想のつかない展開がどんどん出てくるので、次が気になって仕方ありません。今の時点では最後まで録り終わっていませんが、どういう結末を迎えるのか全く想像出来ないです! 是非1話1話を楽しみにして頂ければと思います!!

元記事で読む