1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ボブ・オデンカークがブチギレる“ただの男”に 『Mr.ノーバディ』6月11日日本公開決定

ボブ・オデンカークがブチギレる“ただの男”に 『Mr.ノーバディ』6月11日日本公開決定

  • 2021.3.26
  • 267 views
『Mr.ノーバディ』(c)2021 Universal Pictures

ボブ・オデンカーク主演映画『Nobody(原題)』が、『Mr.ノーバディ』の邦題で6月11日より公開されることが決定した。

本作は、『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督と、『ジョン・ウィック』シリーズの脚本家デレク・コルスタッドのタッグ作。主人公ハッチを『ベター・コール・ソウル』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』のオデンカークが演じる。共演には、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの“ドク”ことエメット・ブラウン博士役でも知られるクリストファー・ロイド、『トップガン』『トータル・リコール』のマイケル・アイアンサイド、『グラディエーター』『ワンダーウーマン』のコニー・ニールセンらが名を連ねる。

主人公のハッチ・マンセルは、仕事では過小評価され、家庭ではリスペクトできない父親として扱われるなど、人生の苦難をぐっと受け止めながら生きる、地味で平凡な“何者でもないただの男(NOBODY)”だった。ある夜、郊外にある自宅に2人の強盗が押し入ったとき、ハッチは暴力を恐れ、父親らしく、そして男らしく、反撃することができなかった。事件をきっかけにさらに家族から失望され、同じ職場の義弟にもいちゃもんをつけられ、胸の中で煮詰まっていた怒りがふつふつと湧き上がっていくハッチ。ふと路線バスで出会ってしまったチンピラたちの安直な挑発がトリガーとなり、ついにブチギレるのだった。

あわせて公開されたインターナショナル版の予告編では、切れたハッチが、異常なスキルでチンピラたちを圧倒。この事件をきっかけに武装集団やロシアンマフィアたちにも命を狙われ、銃撃戦やカーチェイス、爆破など、激しい戦いを予感させるシーンが映し出される。予告編の最後では、「アンタ何者?」と問われ、「何者でもない(NOBODY)」と答えるハッチの姿が描かれている。 (リアルサウンド編集部)

元記事で読む