1. トップ
  2. レシピ
  3. 紅茶をもっと楽しもう! 美味しい紅茶の入れ方

紅茶をもっと楽しもう! 美味しい紅茶の入れ方

  • 2015.6.16
  • 759 views

女性は紅茶好きな方多いですよね。ミルクやレモンを入れれば違った味や香りも楽しめますし、ケーキと相性の良い紅茶は、カフェで頼まれる方も多いはず。なかには茶葉にこだわりを持っている方も最近は増えてきていますね。こだわりの紅茶を、もっと美味しく飲める方法があったら良いなと思いませんか?

今回は紅茶の美味しい入れ方をご紹介します!

紅茶の美味しい入れ方

使うお水は何がいいの?紅茶には軟水がよいといわれています。スーパーで購入してもよいですし、あとは空気を多く含んでいる水も紅茶と相性バッチリです。お湯は沸騰直後の70℃~100℃もので、これよりぬるかったり沸騰しすぎたお湯では紅茶の香りがよく出ないので注意しましょう。

オススメのティーポット陶磁器、銀製、ガラス製のものを使いましょう。なければ急須でも構いません。鉄分が多く含まれているポットを使用すると、紅茶の成分「タンニン」が鉄分と化合してしまって香りがあまりしなくなります。また紅茶そのものの色も黒っぽくしてしまうのです。ティーカップは、内側が白色であまり底が深くない、浅めのものを選ぶとよいでしょう。これは香りを楽しむためと、紅茶の色も同時に楽しむためです。

カップは温めておくことティーポットにお湯を注ぐ前に、カップにお湯を入れて事前に温めておきましょう。これも、本来の香り・色・味を楽しむための大切な準備です。

注いだあとがポイントティーポットにお湯を注いだら、ポットに蓋をして蒸します。そうすると、ポットの中で茶葉が上下に動く「ジャンピング」という現象が起こります。このジャンピングが、美味しい紅茶になる大切なポイントなんです。

茶葉の量一人分(150cc)あたり、1.5g~2gを目安にしましょう。

ちゃんとできてる? 茶葉の保存方法

茶葉は冷蔵庫で保存しなくてOKです。煎茶、緑茶などは冷蔵保存が好ましいですが、紅茶の場合は常温保存が一番よいといわれています。

常温保存しよう


袋の空気を抜こう茶葉の袋に空気が入っていると酸化してしまい、品質が落ちてしまいます。なるべく空気に触れないように、できる限り空気を抜いて保存しましょう。もしもともとの容器が缶だった場合は、葉チャック付きの袋に入れ替えて保存することをオススメします。

いかがでしたか? なんだか面倒だなーと思うかもしれませんが、紅茶の正しい入れ方を知っている女性ってとても素敵ですよね。今じゃなくても、どこかで役に立つ日がくるかもしれません。料理にも言えることですが、手間をかければその分美味しくなります。紅茶が好きな方は、ぜひ今日から実践してみてくださいね。