1. トップ
  2. sherbet、“脱アイドル”へ格好良くセクシーに大人っぽく…新体制で初の全国ツアーを発表

sherbet、“脱アイドル”へ格好良くセクシーに大人っぽく…新体制で初の全国ツアーを発表

  • 2021.3.25
  • 160 views
sherbetが全国ツアー「Crystal Memories」開催を記者会見で発表
sherbetが全国ツアー「Crystal Memories」開催を記者会見で発表

【写真を見る】新しくなるsherbetを表現した、格好良くてセクシーなアーティスト写真

アイドルグループ・sherbetが、全国11都市ワンマンツアー「Crystal Memories」の開催。記者会見でメンバーが意気込みを語った。

sherbetは、犬童美乃梨、橋本梨菜、青山ひかる、河路由希子、清瀬汐希のグラビアアイドルによるグループ。今回のツアー中に結成6周年を迎える。2020年に予定されていたツアーは新型コロナウイルスの影響で中止に。その後、2020年12月に有村瞳、佐藤望美が卒業し、現在は5人で活動している。

5月8日(土)東京公演を皮切りに開催される同ツアーは、札幌、宮城・仙台、東京、神奈川・川崎、愛知・名古屋、岐阜、滋賀・大津、大阪、広島、福岡、長崎の11カ所を巡る全国ツアーとなる。「5行思想(火、土、金、水、木)をモチーフに、全公演を通じて一つの物語となっており、初回となる東京公演では新曲「Fire」を初披露。グラビア、バラエティー要素も豊富なライブとなるため、ライブイベントに普段足を運ばない人でも楽しめるプログラムになるという。

犬童美乃梨「あぁ、年取ったなぁって(笑)」

犬童は「やってはいるんだけど、そんなにたったのか、うそだと思いたいくらいで、あぁ年取ったなぁって(笑)。始めたころと今では感情とかも違っていて、最初はがむしゃらに、とにかく全力でやろうって感じでしたが、今はツアーごとにテーマがあったり、曲によって「こうしたい!」という感情も出てきて、自分的にも大人になったんだなという感じはあります」と成長を実感したと語る。

そして、「本当は去年ツアーをやる予定だったんですけど、こうやって一年後にできるようになって、すごくうれしく思います。ワクワクもすごいんですけど、まだまだ世の中はこういう状況なので、ちょっと不安もあるんですけど、後悔はしたくないので、今できることを全力でやろうと思います」と意気込んだ。

sherbet
sherbet

橋本梨菜「大人のグループになるというイメージなかった」

橋本は「初期からのメンバーなので、5年半活動したんだなと思うと、すごい時間とステージ数だったんじゃないかなと思います。最初はこんなふうに大人のグループになるというイメージもなかったですし、ティーンガールズグループみたいな感じで、私はすでに20代だったんですけど、10代の子もたくさんいたので、白い服が似合う夏らしいグループだったんですが、この5人になってから格好良い、歌とダンスに力を入れている、アイドルという括りだけではなくて、歌って踊るガールズユニットにちょっとずつ近付いていっているんじゃないかなと思います」と、グループの進化を振り返る。

さらに、「ツアーは去年悔しい思いをしましたが、こうやって再開できることを考えると諦めなくて良かったなと思います。一年間会えなかったファンがたくさんいるので、その間にsherbetの熱が冷めちゃているんじゃないかなというの(不安)もありますが、近くに来た際はぜひ遊びに来てもらって、5人になったけどパワーアップしたなと思ってもらえるように、しっかり練習して頑張りたいと思います」と語った。

最初は“レアキャラ”だった青山ひかる

青山は、「いろんなことをしてきた5年半ですが、最初は私あまりライブにいなかったので“レアキャラ”って言われていたんです。他の仕事もたくさんやっていたので、ライブにはいつも出られなかったんです。今となってはメンバーの一員に…ここ3年くらい前からなれているので、一歩遅れた感じもあったんですけど、このメンバーで一丸となって、今では歌割りもいただけて(笑)、よく見ていただいているファンの方々にも『あおみん、歌うまくなったね』『ダンスうまくなったね』って言われるようになりまして、自分に自信がつくようになりました。それを教えてくれたのはsherbetだと思っています」とグループへの思いを吐露。

また、昨年のツアー延期を決める際には、橋本と「けんかもした」と言い、「やるかやらないか、この情勢じゃ無理でしょってけんかまでしていたので、本当に悔しい思いもしたので、今年はその悔しさを全力でぶつけていきたいと思います。皆さんを笑顔にさせられるように、楽しませられるように、11都市を回りたいと思います」と、ツアーにかける思いを明かした。

sherbet
sherbet

河路由希子「とても偉大な先輩たち」

一期生の3人に対し、2019年に8月に加入した河路と清瀬は、派生ユニット「Can-on!(カノン)」としても活動している。

「今年から5人で活動することになったんですが、7人のときに自分たちが後輩として引っ張られてばかりだったなと感じているところで、5人になった今は一つの柱にならないといけないなと思って頑張っています」という河路。

「ライブも最近減ってきている中で、ツアーを発表できて、いろんな所に行けるし、会えなかった人に会えるというのも楽しみだし、今までくすぶっていた悔しかった思いをぶつけるチャンスだなと思っています。今、Can-on!でたくさんライブをさせていただいて、最初にグループを立ち上げることがこんなに大変なんだと思っていて、でもsherbetはこの3人(犬童、橋本、青山)が引っ張り上げてここまで来られたんだなって。とても…偉大な…先輩たちなので(笑)」と、真剣に語っていたところで急に笑ってしまう一幕も。

しかし、「本当にすごいなと思っているんです。それを5年半続けるってすごい大変だと思うんですよ。コロナでいろんなアイドルさんが活動をやめたりする中で、sherbetは配信やいろんなことを続けて、ここまで来られている。そして、ツアーに向かって進もうとしている。今の現状はすごく難しいことだと思っていて、それができるsherbetにいられることに感謝しながら、先輩たちについていきながら、sherbet5人の1人として、ツアーを成功させたいと思います」と感謝の気持ちを述べた。

清瀬汐希「sherbetは地方ファンが多い」

清瀬も「sherbetは5年半たっている中で、一期生と新しいメンバーだけって不思議なことだなと思っていて、先輩たちが積み上げてきた中に自分たちも加わらせていただいて、活動させていただいていることはありがたいことだなって思います」と感謝。

「去年、コロナ禍でツアーが残念ながら延期になってしまったんですが、今年回れることはありがたいことだなと思います。sherbetは地方ファンが多いんですよ…と、私は思っているので、自分たちが見えてないところでもいろんな人が見てくれているんだなって感じているので、このツアーを通じて会えなかったファンの方たちに会って、sherbetの良さをさらに広めて、5人でもっとさらに良いものを積み上げていって、ファイナルを迎えたいなと思います」とツアーへの思いを語った。

「水着撮影であおみんだけお腹に肉が乗ってる」と橋本梨菜に暴露された青山ひかるは「修正してもらいました!」
「水着撮影であおみんだけお腹に肉が乗ってる」と橋本梨菜に暴露された青山ひかるは「修正してもらいました!」

5人で初ツアー「まとまりやすくなったし、強くなった」

この5人では初めてとなるツアー。犬童は「このメンバーは強いと思います。7人のときに最強って言っていたんですが、このメンバーは個々でもいけちゃうというか、一人でもいけちゃうタイプしかいないので、7人のときよりもまとまりやすくなったし、強くなったなと思います」と言う。

また、ツアータイトルの「Crystal Memories」について、「クリスタルは結晶で、結晶というのは私たちが5年半やってきて、ファンの方々やいろんな方に協力してもらって私たちがいるので、そういうのを“結晶”と例えてます。なので、5年半の集大成といいますか、今までのライブ以上にもっと一つ一つ、最高のライブをみせられたらいいなって思います」と語った。

橋本は、衣装について「脱アイドルで、ツアー中にあおみん(青山)は28歳になる…私もや! アイドルという括りは脱皮していこうと思っているので、格好良くセクシーに大人っぽくするために、かわいいよりスタイリッシュな感じでいきたいなって思います。面積は少なめがいいですかね。(夏だから)暑いし」と、これまでのsherbetとは変わると明かす。

犬童は「去年のコロナだったみたいに、何が起こるか分からないので、頑張るぞと思いながらも肩の力を抜いて、自分たちらしく、緩く、緩くなりすぎず、楽しさを重視したいなと思っています」と、ツアーへの意気込みを語った。

元記事で読む