1. トップ
  2. 日本各地のストリップ劇場の踊り子たちの楽屋裏、生活を映したドキュメンタリーがフランスで2冠

日本各地のストリップ劇場の踊り子たちの楽屋裏、生活を映したドキュメンタリーがフランスで2冠

  • 2021.3.24
  • 356 views

日本各地のストリップ劇場の踊り子たちの楽屋裏、生活を映したドキュメンタリーがフランスで2冠

画像1
日本各地のストリップ劇場の踊り子たちを映す

「ニッポンの、みせものやさん」の奥谷洋一郎監督の最新作で、全国のストリップ劇場の楽屋で過ごす踊り子たちの生活風景を記録した「Odoriko(英題)」が、フランスを代表する国際ドキュメンタリー映画祭「シネマ・デュ・レエル」にてグランプリに次ぐ「スキャム国際賞」と、仏文化省が授与する「文化無形遺産賞」を3月21日(現地時間)、ダブル受賞した。

ストリップ劇場は昭和の最盛期には全国に300館あったといわれるが、娯楽産業が多様化したことで斜陽化は進み、現在は約20館ほどが営業を続けている。本作は2013年から2017年までの4年間に、実際に全国各地のストリップ劇場をまわって取材を続けた奥谷監督が、踊り子や劇場関係者数十人を撮影して、2020年に完成させた。

奥谷監督は受賞に際し、「日本のストリップ劇場でこれまで『踊り子』としてお仕事をされてきた女性たち、また私が実際にストリップ劇場でお会いしたすべての方々と喜びを分かちあいたいと思います。『みなさんが繋いでこられた日本のストリップティーズを、世界の人たちは応援していますよ』と彼女たちに伝えたいです。私は、これまで市井の人たち、この社会で同時代を生きる私の隣人たちを撮影してきましたが、これからもそのような名もなき人たちの営みを映画に描いていきたいです」と喜びのコメントを寄せている。

日本での劇場公開は未定。

元記事で読む