1. トップ
  2. 上川隆也、主演舞台の再演に「前向きというよりは前のめりな姿勢。毎日試行錯誤しております」

上川隆也、主演舞台の再演に「前向きというよりは前のめりな姿勢。毎日試行錯誤しております」

  • 2021.3.23
  • 349 views

舞台「魔界転生」の製作発表会見が3月23日に東京・明治座で行われ、キャストの上川隆也、小池徹平、藤原紀香、村井良大、木村達成、山口馬木也、渡辺大、浅野ゆう子、松平健、演出を手掛ける堤幸彦が出席した。

【写真を見る】上川隆也をはじめ、小池徹平や藤原紀香らキャスト陣がズラリ集結!

同作は作家・山田風太郎の伝奇小説を舞台化したもので、2018年の10月から12月にかけて演出・堤、主演・上川で福岡、東京、大阪で77ステージを上演し、10万人を動員する大ヒットを記録。2年4カ月ぶりの再演となる今回は、堤が「大幅に装置、演出などを変えております。新作と言ってもいいぐらいです」と言うほどに作品をさらに練り上げ、スケールアップしている。

上川が演じるのは主人公・柳生十兵衛。司会者から意気込みを聞かれると「僕自身、意気込まないで行こうと思っております。意気込むよりは、大きく変化した作品になりましたのでまた新たな気持ちで、新鮮な気持ちで、柳生十兵衛、そして『魔界転生』という作品に臨んで参りたいと思っております」と答えた。

最大の強敵・天草四郎を演じる小池は「すごく気持ちが高ぶっております。上川さん演じる柳生十兵衛の敵役ということで、再演に参加させていただきますが、上川さんがおっしゃったように新しい作品として、天草四郎を演じたいと思います」と初参加の思いを語った。

また、天草四郎の姉・お品役の藤原は「私が演じるお品は原作にない役で、製作陣の思いのあふれた役と聞いております。一回一回、新鮮に心を込めてこのお役を務めさせていただきたいと思います」と、役への深い思い入れについてコメント。

黄泉の世界からよみがえった淀殿を演じる浅野は「再び淀殿役にお声をかけていただいたことを幸せに思っております。コロナ禍の中、みんなマスクでお稽古をして、ほとんど私語も厳禁で、なかなかコミュニケーションも取りづらい状況となっております。そんな中、上川さんが本当にすてきな、セリフ以上のものをお届けくださって、私たちを笑わせて、和ませてくれて、一気に現場の雰囲気が、テンションが上がりました。素晴らしい座長さんです」と、稽古場での上川の様子を話した。

さらに「何より楽しみなのは、カーテンコールでございます。上川さんのトーク力は素晴らしいものがあります。ですから、たくさん足をお運びいただいて、カーテンコールだけでもご覧になっていただきたいです」と語り、思わず上川は恥ずかしそうに照れ笑い。

十兵衛の父・柳生宗矩を演じる松平は「このような時代に、舞台に立てる喜びを感じております。『魔界転生』をぜひ見ていただいて、現実を忘れられるような世界を味わっていただきたいと思います。セットもリニューアルして、素晴らしいセットになると思いますので、1人でも多くの方に見ていただきたいと思っております」と今作への熱い思いを伝えた。

再演ではあるが、新たな作品として臨みたいと話していた上川。「前向きというよりは前のめりな姿勢。この作品にどういう形で臨んで行こうかというエネルギーがひしひしと感じられるんです。初演をやったからといって、“あぐらをかいてはいられないな”という貪欲さに近い力を感じています。

だからこそエネルギッシュな作品に仕上がってきているのだと思いますし、日々刺激を受けながら、稽古で過ごしています」と気持ちを引き締めて、初日に向けて稽古に励んでいる様子。

「入江のような湾があって、僕らは2018年に一度そこで泳いでいます。風が吹いたりして毎日様子は違っていたと思うんです。でも今回、天変地異があって、その湾の形すら変わってしまったんです。泳ぎ出すにあたっても僕らも一からなんです。だから一致団結しないと泳ぎ切れないので、毎日みんなで試行錯誤しております」と状況が一変し、新たな気持ちで臨まなければならない理由を、舞台を“湾”にたとえて説明した。

その他、真田十勇士の生き残り・根津甚八を村井、十兵衛の弟・又十郎を木村、軍学者・由井正雪と刀鍛冶・叢雲常陸の二役を山口、二刀流の剣豪・宮本武蔵を渡辺が演じる。

舞台「魔界転生」は、4月7日(水)〜11日(日)まで愛知・刈谷市総合文化センター、4月16日(金)〜28日(水)まで福岡・博多座、5月4日(火)〜28日(金)まで東京・明治座、6月2日(水)〜10日(木)まで大阪・新歌舞伎座にて上演。

◆取材・文・撮影=田中隆信

元記事で読む