1. トップ
  2. 長谷川博己、キリンビールの新CM登場「最終回が終わって、その後やっと“キリンがくる”んだなと思いました」

長谷川博己、キリンビールの新CM登場「最終回が終わって、その後やっと“キリンがくる”んだなと思いました」

  • 2021.3.23
  • 915 views

俳優の長谷川博己が、3月23日に都内で開催された「スプリングバレー発売記念発表会」に登壇。ビールのプロフェッショナルがおいしさを追求して造った、キリンビールのクラフトビール新商品「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の缶商品が同日より全国で発売に。イベントには長谷川がプレゼンターとして登場し、「人はビールで感動できる。そんなおいしさで新たなクラフトビールの時代の幕を開ける」と力強く言って乾杯し、新発売を華々しく祝うオープニング演出が展開された。

【写真を見る】長谷川博己、笑顔で「乾杯!」

スプリングバレーの感想を問われ、長谷川は「一言で表現すると、『これぞクラフトビール』という感じ。口の中に広がる麦のうま味と芳醇なコクをすごく感じますが、後味がキレてとても飲みやすいです。ビールで感動できるなんて、正直驚きでした」と爽やかな笑み。

ブランドアンバサダーの長谷川が出演する新CM「スプリングバレー 登場篇」も3月23日からオンエア開始されたが、CMキャラクターに選ばれた時の気持ちを問われると、2月に最終回を迎えた主演ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)にかけて、「ずっと太平の世にくる“麒麟”を求めていたので。最終回が終わって、その後やっと“キリンがくる”んだなと思いました」とユーモアを交えて答え、「クラフトビールも好きだし、中でもこれは特別感があるので、すごくうれしかったですね」と笑顔を見せた。

CMの撮影については、「感動できるおいしさなので、念を込めて表現しました」と回顧。また、「飲む前もグラスに注いだ時の色がキレイでおいしそうと思っていましたが、飲んだ後は本当にすごいなと思いました」と明かし、「作り手がかけた手間暇がおいしさに出ていると思います。現場でおいしいビールを飲みながらできるというのが、仕事なのに仕事じゃないみたいでした」と振り返った。

後半は、マスターブリュワー・田山智広氏とトークセッションを展開。構想10年、試験醸造250回かけたというスプリングバレーの歴史を聞き、「料理やお酒など手間をかけるだけおいしくなると聞きますが、本当にそうなんだぁと感じました」としみじみ。

また、自身が長い時間をかけてきたものを聞かれると「俳優業を始めて20年。そう考えると、10年は長いと思う。『神は最後に宿る』という言葉が好きですが、僕もなるべく細かいところにこだわり仕事をしたいと思っていて。最近、そういうこだわりが怠けてきたとも思っていたので、この仕事を頂いてあらためて身が引き締まる思いですし、すごく縁を感じます」と感謝。

終盤には、長谷川がおいしくなるというスプリングバレーの「2度注ぎ」に挑戦。自分で淹れたビールを飲み、「すごくおいしいです。キメの細やかな泡がもっとふわとろになる。すごく甘味もあって、さらに感動しました」とそのおいしさに感極まっている様子。

また、「僕の周りの方はお酒が分かってる方が多い。そういう人と一緒に飲んで、スプリングバレーについて語りたい」と瞳を輝かせていた。

◆取材・文・撮影=TAKAMI

元記事で読む