1. トップ
  2. 北村一輝、松嶋菜々子ら『妖怪大戦争 ガーディアンズ』出演決定 特報映像&ビジュアルも

北村一輝、松嶋菜々子ら『妖怪大戦争 ガーディアンズ』出演決定 特報映像&ビジュアルも

  • 2021.3.23
  • 1490 views
『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(c)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ

寺田心主演映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』に、北村一輝、松嶋菜々子、柄本明、猪股怜生が出演することが決定。あわせて特報映像とティザービジュアルが公開された。

1968年から3部作が制作され、2005年には平成版が公開され興行収入20億円を記録した映画『妖怪大戦争』。新たに蘇る本作では、寺田が数奇な運命に導かれ世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺兄を演じる。監督を務めるのは、2005年版に引き続き三池崇史。『20世紀少年』シリーズ、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の渡辺雄介が脚本を手がける。

20XX年、列島を南北に縦断する断層・大地溝帯=フォッサマグナから現れた「妖怪獣」により、妖怪界と世界に未曽有の危機が到来。妖怪たちは「妖怪獣」に対抗する力として、伝説の武神を復活させる手立てを講じる。しかし、その復活には古代に妖怪ハンターであった渡辺綱の血を継ぐ者の力が必要だった。そこで選ばれた宿命の兄弟が、思いもよらない大冒険に身を投じていく。

公開されたティザービジュアルでは、「真の勇気はあるか」というキャッチコピーとともに、個性豊かな妖怪たちを背に勇ましく剣を構えるケイの姿が切り取られている。

特報映像では、妖怪獣を打ち倒す勇者として選ばれた寺田演じる渡辺ケイが妖怪たちの総大将・ぬらりひょん(大森南朋)に「この国を救うのはおぬしなのじゃ!」と指名され、個性豊かな妖怪たちとともに大冒険に挑む様子が描かれている。

追加キャストとして発表された北村、松嶋、柄本、猪股はそれぞれ“人間”役に。北村は、寺田演じるケイの先祖にあたる伝説の妖怪ハンター・渡辺綱、松嶋は、看護師として働きながらケイとその弟ダイを優しく見守る母・渡辺礼香、柄本は、突如現れた妖怪獣と最初に遭遇することとなる老人、猪股は、幼く無邪気な少年ながら、やがてケイとともに“宿命の兄弟”として戦いに巻き込まれていくケイの弟・渡辺ダイを演じる。

北村は今回の出演に際して「久しぶりの三池組への参加は故郷のような安心感がありました。やはり三池組は最高です!」とコメント。松嶋も「三池監督とは『藁の楯』でご一緒したのですが、久しぶりにお声がけいただき嬉しかったです。今作では、主人公寺田心くんのお母さん役で人間でしたが、内心は妖怪になってみたかったです(笑)。三池監督の描かれる妖怪スペクタクル、ぜひご期待ください」と語っている。 (リアルサウンド編集部)

元記事で読む