1. トップ
  2. ギタリスト・MIYAVIと三味線プレイヤー・上妻宏光がオープニングアクトに! 「まさか漫才のステージに立つとは…」<ザ・ベストワン>

ギタリスト・MIYAVIと三味線プレイヤー・上妻宏光がオープニングアクトに! 「まさか漫才のステージに立つとは…」<ザ・ベストワン>

  • 2021.3.21
  • 170 views

3月28日(日)夜6時から4時間にわたり放送されるお笑いスペシャル番組「ザ・ベストワン」(夜6:00-9:54、TBS系)第4弾のスペシャルオープニングアクトとして“ギタリスト”MIYAVIと“三味線プレイヤー”上妻宏光がパフォーマンスすることが決定した。同番組は、MCに笑福亭鶴瓶、今田耕司、上白石萌歌を迎え、漫才、コント、ピン芸、音ネタなど“今一番見たいベストな芸人”が“ベストワン”のネタを披露。「ライブで感触がよかったベストワンネタ」「いまのスタイルの原型となったベストワンネタ」「全世界でも通用するベストワンネタ」など、登場する芸人たちの想いが詰まったネタが次々に繰り広げられるスペシャルネタ番組だ。

【写真を見る】MIYAVI、ピックを使わずに全て指で弾く“スラップ奏法”炸裂!

MIYAVIと、上妻は2012年に上妻がリリースしたアルバム『楔-KUSABI-』でコラボレーションし、渋谷公会堂と東京国際フォーラムにて開催された「日本流伝心祭 クサビ」では、1対1の超絶技巧バトル・セッションを披露し観客を魅了した。今回は、その共演楽曲「月影」を披露する。

MIYAVI「僕たちはベストな演奏でみなさんの心をつかみたい」

MIYAVIは「これまで上妻さんとは色々なところでパフォーマンスしてきました。西洋の楽器と日本の楽器という違いこそありますが、スピリットは同じだと思っています。芸人さんたちがベストなネタで笑いをつかみ取る中で、僕たちはベストな演奏でみなさんの心をつかみたいと思います」とコメント。

上妻は「芸人さんが“笑いの世界”で掛け合いや即興があるのと同じで、僕らもジャンルこそ違いますが、演奏でのぶつかり合いは、漫才やコントの芸人さんたちのネタと相通じるところがあると思いますので、熱い息吹を感じていただければと思います」とアピールした。

また、今回のパフォーマンスの見どころについて、上妻は「僕とMIYAVIがストレートにぶつかり合う演奏ですから、どこか忘れがちな心の繋がりや、人間らしさみたいなモノを感じていただければと思います」と述べ、MIYAVIは「お笑いが好きな方がご覧になる番組ですから、大いに楽しんでもらいたいと思います。まさか自分のギタリストキャリアにおいて、漫才のステージに立つとは思いませんでしたよ(笑)」と話し、笑いを誘った。

元記事で読む