1. トップ
  2. FANTASTICSが“Play Back”したい自身の名シーンを明かす「“夢者修行”初日は全員がオラオラしていた」

FANTASTICSが“Play Back”したい自身の名シーンを明かす「“夢者修行”初日は全員がオラオラしていた」

  • 2021.3.21
  • 296 views
新曲「Play Back」を配信リリースしたFANTASTICS from EXILE TRIBE 撮影=小谷修司
新曲「Play Back」を配信リリースしたFANTASTICS from EXILE TRIBE 撮影=小谷修司

【写真を見る】「STOP FOR NOTHING」プロジェクトのアンバサダーに起用されたFANTASTICS

FANTASTICS from EXILE TRIBEが3月17日に新曲「Play Back」を配信リリース。同楽曲は2021年2月~3月に日本テレビで放送された彼らの冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌で、「温故知新」をテーマにした1曲となっている。

また、リーダーの世界と佐藤大樹から「6人だけで新しいユニット名を付けて、新しいエンタテインメントを作る!!」と言い渡された澤本夏輝、瀬口黎弥、堀夏喜、木村慧人、八木勇征、中島颯太は、“FANTASTIC 6”として4月に東京、5月に大阪で舞台「BACK TO THE MEMORIES」を上演。

さらにFANTASTICSは、夢を持つ全ての子供たちを応援する「STOP FOR NOTHING」プロジェクトでアンバサダーに起用され、プロジェクトと同タイトルのテーマ曲「STOP FOR NOTHING」(5月19日[水]発売)のリリックビデオが、2月3日から東京・国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」で展示されている。

WEBザテレビジョンでは、そんなFANTASTICSにアンケート取材を実施。リリースされたばかりの新曲や舞台、そして「STOP FOR NOTHING」のMV撮影などについて答えてもらった。

佐藤大樹、世界 撮影=小谷修司
佐藤大樹、世界 撮影=小谷修司

世界「一人で踊るシーンが続いたので孤独との戦いでした」

――今作「Play Back」から受けた印象や、楽曲の特徴について教えてください。

ディスコのノリを感じた曲です。とにかくノれる曲調だなと感じました!

――今作は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌ですが、全6回の番組はいかがだったでしょうか。

どの回も素晴らしい方が出演してくださった上に、放送よりも長くたくさん聞きたいことが聞けてよかったです! やはりあの時代にタイムスリップしてみたいなと思いました。

――皆さんがもう一度“Play Back(再生)”したいご自身の名シーンはありますか?

しいて言えば中学生3年生ですかね!

――「STOP FOR NOTHING」のMV撮影はいかがだったでしょうか?

久々に一人で踊るシーンが続いたので孤独との戦いでした。でも楽しかったです!

佐藤大樹「非常にパフォーマンス力が試されたなと感じています!」

――今作「Play Back」から受けた印象や、楽曲の特徴について教えてください。

イントロからどこか懐かしさを感じますし、(前作の)「High Fever」とはまた違った80’s感を醸し出す新たな曲だなぁと!

――今作は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌ですが、全6回の番組はいかがだったでしょうか。

反響もたくさん頂いて、何よりレジェンドの方々から学ぶことが多くて本当に良い経験になりました。カバー曲は個人的にアガりました!!

――皆さんがもう一度“Play Back(再生)”したいご自身の名シーンはありますか?

“夢者修行”。当時のパフォーマンスを今のみんなでもう1回見たいです!

――「STOP FOR NOTHING」のMV撮影はいかがだったでしょうか?

今までで一番多くソロを撮った作品でした。セットもシンプルで、非常にパフォーマンス力が試されたなと感じています!

(前列左から)中島颯太、八木勇征、瀬⼝黎弥、(後列左から)木村慧人、堀夏喜、澤本夏輝 撮影=小谷修司
(前列左から)中島颯太、八木勇征、瀬⼝黎弥、(後列左から)木村慧人、堀夏喜、澤本夏輝 撮影=小谷修司

澤本夏輝「最近の FANTASTICSの雰囲気がうまく混ざり合った曲」

――今作「Play Back」から受けた印象や、楽曲の特徴について教えてください。

「High Fever」に続き1980年代っぽさもあり、最近の FANTASTICSの雰囲気がうまく混ざり合った曲だと感じました。

――今作は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌ですが、全6回の番組はいかがだったでしょうか。

緊張しました! 今回は「マネキン・ナイト・フィーバー」(2020年日本テレビ系)の時とはまた違ったアドリブのようなシーンがたくさんで、メンタルが鍛えられました。ゲストの方々に魅了されました。

――「BACK TO THE MEMORIES」に出演される6人に質問です。意気込みや現時点での手応えなどを教えてください。

舞台と言いますが、パフォーマンスも入り混ざっていて、この6人ならではの舞台になっていると思います。

――皆さんがもう一度“Play Back(再生)”したいご自身の名シーンはありますか?

“夢者修行”初日。メンバー全員がオラオラしていた。

――「STOP FOR NOTHING」のMV撮影はいかがだったでしょうか?

めちゃくちゃ踊りました! リリックビデオも見ていただきたいのですが、今までとは違ったリリックビデオになっています! MVのセットは今回のロゴが背景に敷き詰められていて、アートなMVになっています!

瀬口黎弥「みんなのバラエティー力が鍛えられた」

――今作「Play Back」から受けた印象や、楽曲の特徴について教えてください。

2021年だからこそ感じる新鮮さがあると思いました。

――今作は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌ですが、全6回の番組はいかがだったでしょうか。

めちゃくちゃ面白かったです!(笑) コメディーの要素が多かったので、みんなのバラエティー力が鍛えられたなと思います!

――「BACK TO THE MEMORIES」に出演される6人に質問です。意気込みや現時点での手応えなどを教えてください。

今は隠し芸の練習をしているのですが、なかなかの難易度のチャレンジをしているので、本当に本番で成功するかは当日来ていただいた方だけの楽しみになるかと思います!

――皆さんがもう一度“Play Back(再生)”したいご自身の名シーンはありますか?

パフォーマー集団時代の “夢者修行”の最終公演をもう一度再生したいですね!

――「STOP FOR NOTHING」のMV撮影はいかがだったでしょうか?

佐藤可士和さんデザインのロゴのセットでの、360°アングルの撮影はすごく新鮮で新しいなと思いました!

(前列左から)中島颯太、八木勇征、瀬⼝黎弥、(後列左から)木村慧人、堀夏喜、澤本夏輝 撮影=小谷修司
(前列左から)中島颯太、八木勇征、瀬⼝黎弥、(後列左から)木村慧人、堀夏喜、澤本夏輝 撮影=小谷修司

堀夏喜「歌謡曲っぽさと今っぽさが絶妙なバランス」

――今作「Play Back」から受けた印象や、楽曲の特徴について教えてください。

歌謡曲っぽさと今っぽさが絶妙なバランスの曲だと思いました。ラップ部分がカッコよくて、アクセントになっていると思います。

――今作は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌ですが、全6回の番組はいかがだったでしょうか。

お芝居とトークコーナーとパフォーマンスコーナーという珍しい構成でしたが、今までにない感覚で自分も楽しむことができました。

――「BACK TO THE MEMORIES」に出演される6人に質問です。意気込みや現時点での手応えなどを教えてください。

お芝居と歌、ダンス、そして各メンバーがこの舞台のために練習している隠し芸が注目ポイントです。普段のライブでのパフォーマンスとは全く別物なので、その空気感をぜひ楽しんでいただきたいです。

――皆さんがもう一度“Play Back(再生)”したいご自身の名シーンはありますか?

中学生の時のリレー。もっと練習して、足が速くなってからリレーに臨んで目立ちたいです。

――「STOP FOR NOTHING」のMV撮影はいかがだったでしょうか?

今回はとても流動的な構成のパフォーマンスになっています。ボーカルも一緒に動き回っているので、その感覚がいつもと違って面白く、手応えがありました。

木村慧人「ソロをトータルで10回は踊った気がします(笑)」

――今作「Play Back」から受けた印象や、楽曲の特徴について教えてください。

ライブで必ず映える曲だなと思いました!

――今作は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌ですが、全6回の番組はいかがだったでしょうか。

どの回も本当に面白くて、地上波の放送が終わってしまったのがもったいないくらいの内容になっていました。

――「BACK TO THE MEMORIES」に出演される6人に質問です。意気込みや現時点での手応えなどを教えてください。

舞台の演出の一環で、隠し芸の練習をやっているのですが、その練習に思っているより苦戦しています。本番は皆さんの前で成功できるよう、日々努力したいと思います。とにかく皆さんに楽しんで帰っていただける、そんなステージにできるように全力で頑張ります!

――皆さんがもう一度“Play Back(再生)”したいご自身の名シーンはありますか?

FANTASTICSのデビューを発表した「EXILE LIVE TOUR 2018-2019 "STAR OF WISH"」東京ドーム公演。

――「STOP FOR NOTHING」のMV撮影はいかがだったでしょうか?

今まではボーカルが踊っていなかったけど、今作では踊っているので新鮮な撮影でした。ソロをトータルで10回は踊った気がします(笑)。

(前列左から)中島颯太、八木勇征、瀬⼝黎弥、(後列左から)木村慧人、堀夏喜、澤本夏輝 撮影=小谷修司
(前列左から)中島颯太、八木勇征、瀬⼝黎弥、(後列左から)木村慧人、堀夏喜、澤本夏輝 撮影=小谷修司

八木勇征「いっぱい練習しました…!」

――今作「Play Back」から受けた印象や、楽曲の特徴について教えてください。

1980年代の曲調を現代風にオマージュしていて、不思議と聴きなじみのある感覚がしたのと、シンプルにライブ映えしそうな曲だなと思いました!

――ボーカルの八木さんと中島さんに質問です。今回のレコーディングはいかがでしたか?

「High Fever」とはまた少し違った形で'80年代をオマージュした曲調だったので、前回よりも歌詞一つ一つの言葉を出していくイメージで歌いました。要所要所でブレスを強くしたりして、歌にキレを出してます!

――今作は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌ですが、全6回の番組はいかがだったでしょうか。

たくさんのレジェンドの方々がゲスト出演してくださり、僕たちの知らない歴史などを教えていただきました! その中で一緒に踊ったり、歌わせていただいたり、マジックをしたりと、とても恵まれていて、貴重な経験ができた撮影でした!

――「BACK TO THE MEMORIES」に出演される6人に質問です。意気込みや現時点での手応えなどを教えてください。

豪華なキャストの方々と舞台をさせていただくことは初めてなので、少し不安な思いもありますが、断然楽しみの気持ちの方が強く、早く皆さんにお見せしたい気持ちでいっぱいです。一人一人隠し芸をします!

――皆さんがもう一度“Play Back(再生)”したいご自身の名シーンはありますか?

「VOCAL BATTLE AUDITION 5」オーディションの発表の時です!

――「STOP FOR NOTHING」のMV撮影はいかがだったでしょうか?

「STOP FOR NOTHING」プロジェクトのアンバサダーという本当に偉大で光栄な役目をいただけて、そのプロジェクトテーマ曲ということで、撮影もより気を引き締めて臨みました! ボーカルもかなりガッツリと踊って、フォーメーションにも参加しているので、より多くの方に見てほしいです! いっぱい練習しました…!

中島颯太「毎公演、“挑戦”シーンがあります!」

――今作「Play Back」から受けた印象や、楽曲の特徴について教えてください。

1980年代のサウンドを取り入れた、リズミカルでテンションの上がる楽曲です!

――ボーカルの八木さんと中島さんに質問です。今回のレコーディングはいかがでしたか?

リズムやアクセントに気を付けながら制作しました!

――今作は冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」の主題歌ですが、全6回の番組はいかがだったでしょうか。

レジェンドの方々に出ていただいて貴重なお話が聞けて、とても幸せでした。

――「BACK TO THE MEMORIES」に出演される6人に質問です。意気込みや現時点での手応えなどを教えてください。

相当新しく楽しいライブになります。毎公演、成功するか失敗するか分からない、隠し芸の挑戦シーンがあります!

――皆さんがもう一度“Play Back(再生)”したいご自身の名シーンはありますか?

文化祭で全校生徒の前で夢を告げた瞬間です!

――「STOP FOR NOTHING」のMV撮影はいかがだったでしょうか?

セットのデザインが全てかわいくて、ボーカルも全シーン踊ったので楽しかったです。360°囲まれたセットは特に好きでした!

元記事で読む