1. トップ
  2. 見取り図・盛山晋太郎「ここからチャンピオンが出るんじゃないかな?」と近畿エリアの料理人たちに期待

見取り図・盛山晋太郎「ここからチャンピオンが出るんじゃないかな?」と近畿エリアの料理人たちに期待

  • 2021.3.21
  • 349 views
見取り図が近畿エリア予選のアンバサダーに (C)DRAGON CHEF 2021
見取り図が近畿エリア予選のアンバサダーに (C)DRAGON CHEF 2021

【写真を見る】見取り図が試食で感動

ABCテレビ×吉本興業で開催される若手料理人No.1決定戦「DRAGON CHEF 2021」の近畿エリア予選が、3月21日正午に公式YouTubeにて配信された。エリア予選の課題は、近畿エリアの”神“食材である、滋賀が世界に誇るブランド牛の「近江牛」、関西のキングオブフィッシュといわれる「明石鯛」、およそ1300年の歴史がある京都の伝統野菜「九条ネギ」の3つの“神”食材を使用した三段重。

同番組は、次世代スター料理人を発掘する新型料理人オーディションバラエティー。最年少10歳の少女、海外での修業経験のある本格派シェフ、全国各地の名店で働く料理人、さらに料理系YouTuberや料理が得意な芸能人まで、料理のジャンルを問わず、多種多様な761人がエントリー。優勝賞金1000万円を懸けてバトルを繰り広げる。

北海道・東北、関東・甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州・沖縄の6つの地区で、3月8日から各地で行われたエリア予選。3月14日に、北海道・東北エリアと並んでその最後を締めくくる近畿エリア予選が開催された。

審査員の見取り図・盛山晋太郎、リリー (C)DRAGON CHEF 2021
審査員の見取り図・盛山晋太郎、リリー (C)DRAGON CHEF 2021

ABCテレビの増田紗織アナの進行で近畿エリア予選会がスタート。各府県の予選を通過し代表となった25歳から39歳までのシェフ10人が、独自の発想とテクニックを駆使し、制限時間2時間の中で戦いに挑んだ。

審査と試食を務めるのは、エリアアンバサダーの見取り図と、近畿エリアを代表する料理家の神田川俊郎、エリア予選会場の大阪調理製菓専門学校 ecole UMEDA校長の古谷泰雄氏、そして“神”食材を提供する「近江牛」生産・流通推進協議会の中村忠志氏の5人。

「アンバサダーというものに就任するのは初めて。それも『DRAGON CHEF』で!」と喜ぶ見取り図の盛山晋太郎は、名店ひしめく食の激戦区でもある関西を踏まえ、「ここからチャンピオンが出るんじゃないかな?」と期待する。

さらに、優勝賞金が「M-1グランプリ」と同額の1000万円だと聞き、リリーは思わず「今からエントリーできませんか?」と、その魅力に目がくらんだ様子。

また、「料理の鉄人」(1993~1999年フジテレビ系)でも知られる神田川は「花に水、人には愛、料理はやっぱり心!」と、おなじみのフレーズであいさつして場を盛り上げる。

調理の様子を見守る審査員たち (C)DRAGON CHEF 2021
調理の様子を見守る審査員たち (C)DRAGON CHEF 2021

調理が開始すると、10人のシェフたちは2つのブロックに分かれ、キッチンで自らの作業に集中。張りつめた空気の中、キビキビと動き、手際よく進めていく。

視察に訪れた神田川と古谷氏、中村氏の3人は各台を回りながら、シェフたちの手元をじっくりと見つめ、時に一言二言声を掛け、神弁当の完成を待つ。

試食審査では、シェフが1人ずつ神弁当のコンセプトやアピールポイントを審査員へ熱心にプレゼンテーション。5人の審査員は、美しく盛りつけられた3つの重の全体像を目で楽しんでから、取り分けられた料理を一の重から順に試食し、寸評する。

神田川がシェフの発想にうなったり、古川氏はソースの作り方の質問をしたりと、10の“神”弁当は審査員たちに驚きや感動を与え、「一様にレベルが高い」と評価される激戦となった。

10人が臨んだ予選からは、2人以上が次のサバイバルラウンドへ進出する。

元記事で読む