1. トップ
  2. ファッション
  3. 【役割別】定番のボトムと合わせて考える「スニーカー」の優れた効能とは?

【役割別】定番のボトムと合わせて考える「スニーカー」の優れた効能とは?

  • 2021.3.20
  • 1621 views

着まわしにおける「プラス」の可能性を広げる、ボトムと靴のバランス感覚。出番の多い靴を基準に、足元に悩まず「しっくりくる」スタイリングサンプルをまとめてお届け!
※コーディネート写真は過去のGISELeで紹介したものです。

SNEAKERS
色みも形も幅のあるスニーカー、安易なカジュアルダウンはもったいない。スタイリングを下支えする、役割のある合わせの実例をご紹介。

【画像一覧】でスニーカーにおける最旬アイディアをチェック

LIKE A BOOTS


ボトムの隙を気軽に埋める「ブーツ的ハイカット」
重くなりがちな冬の装いを、ブーツのようにボトムと足先をつなぎ、スマートに見せるハイカット。スニーカーならヴィヴィッドカラーもとり入れやすく、配色や形にも強弱がつくことで、ラクでも手抜きに見えない。

CASUAL DOWN


大人スカートを味方につける「強気なカジュアル」
カジュアル感高めのダッドスニーカーをレディなスカートに合わせ、かわいげを足し算。あどけなさが加わり、上品な色とアイテムもぐっと親しみやすく。ボリューム感のあるダッドスニーカーは、抜けの出る白でとり入れるのがベター。

GRAY & COLOR


カラーブロックがうまくなる「グレースニーカー」
グレーが足元にあるだけで、彩度の高い色も浮かずにしっくりくる配色の妙。スニーカーだから、キレイ色のトップスもレディになりすぎず身近な印象に。ボトムは今季再注目のネイビーで、全体を知的にまとめて。

CLEAN UP


「清潔感のある白」で足さばきよく
ドレスライクな装いや、おかたいジャケットスタイルに効く軽快な白スニーカーの1点ざし。白のクリーンさが品をそこなわず、装いの明度も上がって華やぎを加味。抜け感も出せる汎用的なローカットがやっぱり便利。

元記事で読む