1. トップ
  2. レシピ
  3. 清涼感ある爽やかな味わい"生姜とりんごの春巻き"|小堀紀代美さんの魅惑の香り漂う挽き肉料理⑥

清涼感ある爽やかな味わい"生姜とりんごの春巻き"|小堀紀代美さんの魅惑の香り漂う挽き肉料理⑥

  • 2021.3.20
  • 250 views

生姜の清涼感とりんごの甘味が挽き肉と合わさり、ワインにぴったりのおつまみの完成です!豚挽き肉とスパイスの組み合わせが大好き。スパイスの香りが挽き肉の旨味と脂と合わさって複雑で魅惑的なおいしさになるんです」と語るのは料理家の小堀紀代美さん。大盛りで食べても飽き足らず、もっと食べたい気持ちになる。そんなエスニックの新定番をご紹介!

清涼感ある爽やかな味わい"生姜とりんごの春巻き"|小堀紀代美さんの魅惑の香り漂う挽き肉料理⑥

■“生姜とりんごの春巻き”のつくり方

スパイス入りの肉だね、清涼感のある生姜の香り、りんごのフルーティな甘さ、このバランスが絶妙。長く揚げると生姜が油を吸いすぎてしまうので、時間の目安は3分。ミントをつまみながら食べるのが、おすすめの新スタイルだ。


◇材料 (2~3人分)

★ 肉だね:
・ 豚挽き肉:200g
・ クミンシード:小さじ1と1/2
・ シナモンパウダー:小さじ1/2
・ 胡麻油:小さじ1
・ 卵:1個
・ 塩:小さじ1/2
・ 粗挽き黒胡椒:適量
新生姜:150g(または生姜)
りんご:1/3個
春巻きの皮:10枚
水溶き小麦粉:適量
揚げ油:適量
ミント:1パック


(1)肉だねをつくる
挽き肉は表面の水分をキッチンペーパーで拭く。ボウルに肉だねのすべての材料を入れ、粘り気が出るまでゴムベラでよく混ぜ合わせる。

(2)生姜、りんごをカットする
新生姜は皮をむいて幅5mm、長さ6~7cmのスティック状に切る。りんごは皮つきのまま生姜と同じくらいの大きさのスティック状に切る。

(3)包む
春巻きの皮に1の肉だねの1~10量を薄くのばしてのせ、新生姜とりんごをのせ、巻き終わりの部分に水溶き小麦粉を塗り、手前から細長く巻いていく。巻き終わりはしっかりと留める。

包む
包む

(4)揚げる
揚げ油を中温に熱し、3を入れ、きつね色にパリッとなるまで3分ほど揚げる。

(5)皿に盛る
器に盛り、ミントを添える。

完成
完成

――教える人

「小堀紀代実 料理家」

「旅先で出合った味をヒントにオリジナルレシピをつくることが多い」と言う小堀さんの豚挽き肉料理は、スパイス使いが見事。といっても難しいことは抜き。どれもご飯に合う、毎日食べたいものばかり。


文:松原京子 写真:邑口京一郎

この記事は「技あり!dancyu豚肉料理」に掲載したものです。

元記事で読む