1. トップ
  2. 由緒ある品々が展示、秋田県仙北市で「角館のひな人形展」が開催中

由緒ある品々が展示、秋田県仙北市で「角館のひな人形展」が開催中

  • 2021.3.20
  • 510 views

秋田県仙北市の角館樺細工伝承館で、桃の節句にちなんだ恒例展示「角館のひな人形展」が4月4日(日)まで開催中。観覧料は3月31日(水)まで無料、4月1日(木)以降は高校生以上300円、小・中学生150円で、仙北市民は無料。

【写真】旧家に伝来してきた享保雛

会場にはひな壇が設置されている 写真は主催者提供
会場にはひな壇が設置されている 写真は主催者提供

角館樺細工伝承館は、旧角館町の伝統的工芸品である樺細工の振興と、広域観光の拠点施設となることを目的に、1978年に開館。館内には樺細工をはじめ、工芸や文化、歴史資料の展示室のほか、物産展示室、喫茶室などをそろえている。また、樺細工製作の実演もあり、仙北市の伝統に触れることができる。

今年の「角館のひな人形展」は、古雛と押絵を中心に展示。古雛は佐竹北家など旧家に伝来してきた享保雛をメインに、雛人形に付随したひな道具など、時代を感じさせる由緒ある品々を見られる。

【写真】旧家に伝来してきた享保雛 写真は主催者提供
【写真】旧家に伝来してきた享保雛 写真は主催者提供

押絵は、江戸時代末期から昭和初期にかけて庶民の間で流行したおひなさまのことで、角館では平福穂庵(ひらふくすいあん)などの郷土画家が製作に関わっている。

歴史を感じさせるひな人形が並ぶ「角館のひな人形展」を覗いてみよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】

屋内

【スタッフ対策】

手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客

【施設・会場内の対策】

窓口等に飛沫防止パーティション設置/常時一部窓・ドアを少し開き換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置

【来館者へのお願い】

体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入館制限

【その他】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の人は入館の遠慮をお願いしている。

・緊急事態宣言が出されている地域から来た人

・2週間以内に緊急事態宣言が出されている地域を訪問した人

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

元記事で読む