1. トップ
  2. <バイプレイヤーズ>寺島進がサプライズ出演! “テストなし一発本番”での撮影をスタッフが明かす

<バイプレイヤーズ>寺島進がサプライズ出演! “テストなし一発本番”での撮影をスタッフが明かす

  • 2021.3.20
  • 602 views
ドラマ「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」第11話より (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会
ドラマ「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」第11話より (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会

【写真を見る】この姿が見たかった! 松重豊、遠藤憲一、田口トモロヲ、寺島進、光石研が集結(写真左から)

元祖バイプレイヤーズの田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一らが本人役で出演するドラマ「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)の第11話が3月19日に放送され、第1シリーズに出演していた元祖バイプレイヤーズの一人、寺島進がサプライズ出演を果たした。第1シリーズを思い出させる粋な演出もあり、ファンを喜ばせた。(以下、ネタバレがあります)

「はい、俺60歳」「ヒエー!」

都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”では、地上波各局の連ドラや映画作品が集中。自主映画「アウトローの森」は、原作の権利が海外の会社「アマゾネックス」に渡っていることが発覚し、撮影中止の危機に追い込まれていた。

「アウトローの森」の中心メンバーでもある田口、松重、光石、遠藤(いずれも本人役)が頭を抱えていると、そこに現れたのは…元祖バイプレイヤーズの一人、寺島(本人役)だった。2017年に放送された第1シリーズ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」に出演していた寺島の再登場に、番組ファンからも驚きと喜びの声が上がった。

寺島は、第1シリーズでも着用していた赤いジャージ姿で登場。スタジオの影にその姿を見つけた4人は「おお、寺ちゃん!」とこぞって握手し寺島を迎えた。

「もう1年以上でしょ」(光石)、「1年じゃないよ、もっと…だってみんな還暦だよ?ほとんど」(松重)、「はい、俺60歳」(遠藤)、「ヒエー!」(寺島)、「このメンバー久しぶりだよー」(田口)…と盛り上がる5人は自然体そのもの。

それもそのはず、放送後にスタッフ陣がSNSで「松居(大悟)監督の意向で、挨拶なし、テストなし、紛れもない一発本番」(濱谷晃一プロデューサー)、「寺島さんとの再会のシーンは現場がまさに『ドラマ』でした…」(浅野敦也プロデューサー)と口々に明かした通り、5人のやり取りは本当に数年ぶりの再会の瞬間をとらえたものだったという。

これぞ正装! ブラックスーツにサングラス姿の寺島進 (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会
これぞ正装! ブラックスーツにサングラス姿の寺島進 (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会

寺島進、「アウトローの森」に急きょ出演!

本編ではその後、バイプレウッド版「アウトローの森」はクラウドファンディング出資者のためラストシーンだけでも全力でいいものを撮影して届けよう、という流れに。アマゾネックス版「アウトローズ・フォレスト(アウトローの森)」に出演が決まっている寺島もバイプレウッド版の撮影に急きょ参加した。

「アウトローの森」は4つの組織の抗争の物語で、ラストは全ての組織が“外道の森”に集まり、殺し合いの決戦を繰り広げる。そんな熱く激しいラストシーンを、「バイプレイヤーズ」第1シリーズのOP曲「ヒトリセカイ」をBGMに熱演するバイプレイヤーたちに、視聴者からは「胸熱展開…」「元祖のテーマ曲が流れてる…泣ける」「この瞬間をずっと待ってた!」といった感動の声が上がった。

ファンにとってもうれしいサプライズとなった寺島の登場。寺島自身も放送後、赤ジャージ姿で台本を手にした画像も投稿し「ホントに楽しく撮影しましたよー」と再登場を喜んだ。

次回は3月26日(金)深夜0時27分から最終話を放送。「テレビ東京57周年 新春ドラマスペシャル『冤罪』」の撮影現場では、主演の宮沢りえをはじめ、志田未来、稲葉友が、一人の新人役者の到着を待っていた。その新人役者のデビューの背景には、田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一たちが大きく関わっているのだった。

その後、映画「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」が4月9日(金)に公開となる。

元記事で読む