1. トップ
  2. 恋愛
  3. 今夜放送SPドラマ『エアガール』 広瀬すずと坂口健太郎の“胸キュンカット”先行公開

今夜放送SPドラマ『エアガール』 広瀬すずと坂口健太郎の“胸キュンカット”先行公開

  • 2021.3.20
  • 775 views
『エアガール』(c)テレビ朝日

3月20日21時からテレビ朝日系で放送されるスペシャルドラマ『エアガール』より、広瀬すずと坂口健太郎の場面写真が公開された。

本作は、空へのあこがれを胸に、どこまでもひたむきに激動の昭和を駆け抜けた、戦後初のCA=“エアガール”を広瀬が演じるお仕事ドラマ。第二次世界大戦で敗戦国となった日本は、GHQに航空関係の活動を一切禁止され、戦後、日本人が日本の空を飛ぶことは許されていなかった。そんな苦難の時代に、日本の空を取り戻すべく奮闘した人々の姿を描く。

ヒロイン・佐野小鞠はパイロットを夢見ながらも、「空を飛んでみたい!」の一心でエアガールという超人気職業に挑んだ女性。そんな未知の世界に向かって懸命に羽ばたいたチャレンジ精神旺盛な小鞠を広瀬が演じるほか、主人公と淡い恋を繰り広げるパイロット志望の青年役で坂口健太郎、同期のエアガール役で山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花が出演する。

脚本を担当するのは、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)、映画『テルマエ・ロマエ II』、『映画ビリギャル』などを手がけてきた橋本裕志。『松本清張ドラマスペシャル・三億円事件』、『やすらぎの郷』、『やすらぎの刻~道』(いずれもテレビ朝日系)などの藤田明二が演出を担当する。

本作では、広瀬演じる小鞠と、坂口扮するパイロット志望の青年・三島優輝の“淡い恋”も描かれる。小鞠と三島が運命の出会いを果たしたのは、小鞠の叔母・千代(松雪泰子)が営む料亭。店を手伝っていた小鞠は、客として訪れていた当時の逓信省航空保安部長・松木静男(吉岡秀隆)の熱弁に思わず聞き入ってしまい、松木の部下である三島にとがめられてしまう。

第一印象は、互いに最悪だった2人だが、なんと三島は特攻隊員として戦死した小鞠の兄の親友だった事実が判明。三島は空への憧れを募らせる小鞠の思いを受け止め、エアガールの仕事へと導く。

公開された小鞠と三島の2ショットは、計5カット。そのうち、三島から小鞠へ“あるモノ”を手渡すシーンのほかは、すべて2人の間には微妙な距離が見て取れる。

そして広瀬は、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」に初出演。その想いを手紙にしたためている。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む