1. トップ
  2. ファッション
  3. タエ アシダ 2021-22年秋冬コレクション - クラシックと未来、アートと自然の融合

タエ アシダ 2021-22年秋冬コレクション - クラシックと未来、アートと自然の融合

  • 2021.3.19
  • 434 views

タエ アシダ 2021-22年秋冬コレクション - クラシックと未来、アートと自然の融合

タエ アシダ(TAE ASHIDA)は、2021-22年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを2021年3月19日(金)にデジタル形式で発表した。

www.fashion-press.net

“森のなかの邸宅”がテーマ

今季のテーマは、“La maison dans la forêt(森のなかの邸宅)”。自然が生み出した森と、人の手が生み出した邸宅の対比になぞらえて、クラシカル、オーセンティックなスタイルと、“デジタル”に象徴されるフューチャリスティックなエッセンスを織り交ぜたクリエーションを展開。現在から未来、新たな時代へと1歩踏み出す力強いエネルギーを表現した。

尚、オンライン上で発表されたコレクションムービーには、前シーズンに引き続きアーティストのMatt Roseやバレエダンサーの柄本弾がモデルとして登場。清水康彦が監督を務め、音楽は金子ノブアキによる書き下ろしの楽曲が用いられている。

近未来的なシルバーをキーカラーに

キーカラーとなるのは、近未来的なイメージを彷彿させるシルバーだ。ファスナー付パーツを配したケーブルニットと和の雰囲気を漂わせた桜柄スカートのコーディネートには、メタリックシルバーのブーツをセット。柔らかな雰囲気の佇まいにシャープなアクセントを効かせる。また、アイボリーのジャンプスーツやツイードジャケットのインナーにはシルバーのインナーを重ね、柔らかなレイヤードスタイルには銀色に輝くオーガンザを用いるなど、部分的にシルバーの要素を取り入れたルックが散見された。

生地を贅沢に使ったドレスには、スモーキーなシルバーを採用。部分的に配されたプリーツが緩やかなシルエットに躍動をもたらしている。また、スパンコールを全面にあしらった流れるようなシルエットのロングドレスは、様々な方向から光を反射。布地の流れに沿って生まれる輝きと陰影によって、奥行きのある表情に仕上げた。

“自然”と人の手で作られた“アート”の融合

また、森に象徴される自然と、人の手で作られたアーティフィシャルなものを融合させたルックも印象的だ。デコラティブなボタニカルジャカードのドレスには、柔らかなモヘアニットを重ねて有機的な佇まいに。鮮やかなエメラルドグリーンのチェスターコートには、手描きのようなダイナミックなタッチで大輪の花を描いた。

コレクション終盤に登場したドレスルックにも、細やかな装飾によって花のモチーフをオン。刺繍によって繊細な小花模様を全面に散りばめたオーガンザのドレスや、フリルを大胆にあしらったフラワージャカードのドレスなど、服地の上で繁っているかのような生き生きとした表情と、花そのものの美しさを同時に描き出している。

緩やかな縦長のシルエット

全体的に、緩やかな縦長のシルエットが特徴的だ。特にそのシルエットが際立つのが、シックなブラックで統一したルック。細やかなストライプをあしらったブラックのワンピースは、生地の落ち感を生かしたアシンメトリーのデザインによってエレガントさを演出する。クールなファスナー付ジャケットには、角度をつけたAラインシルエットのワイドパンツをスタイリング。直線的なシルエットのジャケットが、パンツのなだらかな造形を際立たせている。

ジェンダーレスな空気をまとったメンズライン

今季5シーズン目となるメンズラインでは、シルエット、素材ともにウィメンズと連動させつつ、よりジェンダーレスな雰囲気を漂わせている。タックやドレープを効かせふんわりとした造形に仕立てたパンツや、袴のような分量感のワイドパンツ、イエローのモヘアニットなど、柔らかさのあるウェアが目を引いた。

また、滑らかなシルバーのスタンドカラージャケットや、グロッシーなレザートレンチコート、異素材を切り替えたレザーブルゾンなど、上品な素材使いも、洗練された雰囲気を生み出している。

元記事で読む