1. トップ
  2. 中国の若者のリアルな青春を描いた映画「THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜」が、BS12でテレビ初放送!

中国の若者のリアルな青春を描いた映画「THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜」が、BS12でテレビ初放送!

  • 2021.3.19
  • 1242 views

BS12 トゥエルビでは、中国・香港を舞台に“一国二制度”の状況下で暮らす若者の姿をリアルに描いた映画「THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜」を、3月19日(金)夜7:00よりテレビ初放送する。

【写真を見る】お金欲しさに危険な橋を渡るペイとハオの恋模様にも注目!

女子高生がスマホの密輸に手を染める!? 映画「THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜」は3月19日(金)夜7:00より放送 (C)Wanda Media Co., Ltd
女子高生がスマホの密輸に手を染める!? 映画「THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜」は3月19日(金)夜7:00より放送 (C)Wanda Media Co., Ltd

「逃亡犯条例改正案」に端を発した2019年の大規模デモや、2020年の「国家安全法制」導入に伴う中国当局の香港市民に対する取り締まりなど、中国と香港をめぐる関係性が緊迫する昨今、香港を取り巻く“一国二制度”は大きな岐路に立たされている。

そんな中、本作で描かれるのは、一国二制度による税金差を背景として実際に起こったスマートフォンの密輸問題。香港と深センを越境通学する女子高生の視点から、「家族生活と友情」や「上層階級と下層階級」、そして「日常生活と犯罪」の間を行き来する青少年の事情をリアルに描き出していく。

本作を手掛けたバイ・シュエ監督は、2年間に及ぶ入念なインタビューやリサーチを重ねた上で脚本を執筆。第14回大阪アジア映画祭で「来るべき才能賞」を受賞した他、多数の映画祭にノミネート&受賞を果たすなど、高く評価されている。

1997年に中国に「返還」されてから20年以上が経過した今なお、香港と周囲の都市は貧富の格差が大きく、また教育水準の高い香港の学校へ越境入学する学生は数多く存在するという。香港の今をリアルに切り取った本作で、ニュースではなかなか見えてこない実情にも思いを馳せてみよう。

映画「THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜」あらすじ

家族がバラバラで孤独なペイにとって、ジョーの存在は心の拠り所となっていた (C)Wanda Media Co., Ltd
家族がバラバラで孤独なペイにとって、ジョーの存在は心の拠り所となっていた (C)Wanda Media Co., Ltd

香港出身の父と中国大陸出身の母を持つ16歳の高校生・ペイ(ホアン・ヤオ)は、毎日深センから香港の高校に通っている。彼女の母は深センにて麻雀で生計を立てて暮らし、父はトラック運転手をしながら香港で別の家庭を持っていた。

家族がバラバラで孤独なペイにとっての心の拠り所は、親友・ジョー(カルメン・タン)と過ごす時間。2人は北海道旅行を夢見て、学校で小遣い稼ぎをしていた。そんなある日、ペイは家に帰る途中、香港と深センの間でスマートフォンの密輸に巻き込まれてしまう。

だが、すぐにお金を稼ぐことができると知ったペイは、お金欲しさにジョーの彼氏・ハオ(スン・ヤン)にお願いして密輸団の仲間に入り、危険な裏の仕事に手を染める。やがて、密輸団での仕事をこなしていく内に、ペイとハオは自然と親密な関係になっていく…。

元記事で読む
の記事をもっとみる