1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ウチカレ』最終回迎え“心から祝福したくなる作品”に SNSでは“ゴンちゃん”に称賛の声も

『ウチカレ』最終回迎え“心から祝福したくなる作品”に SNSでは“ゴンちゃん”に称賛の声も

  • 2021.3.18
  • 599 views
『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 』第10話 (C)日本テレビ width=
『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 』第10話 (C)日本テレビ

恋愛小説家の母と、オタクで恋愛に興味のない娘が織りなす“トモダチ母娘のエキサイティング・ラブストーリー”『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第10話が3月17日(水)に放送された。最終回となったこの日は、ついに水無瀬碧(菅野美穂)がモテ期に突入する。橘漱石(川上洋平)と一ノ瀬風雅(豊川悦司)からプロポーズを受けた碧は、どちらかについてニューヨークか沖縄かを選ぶことに。さらに空(浜辺美波)は、自分の恋の相手を自覚できた様子だ。(文=Nana Numoto) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

■碧にモテ期到来!

一ノ瀬から、関係をやり直して共に沖縄に行かないかと提案された碧。しかし碧は同時期に、ニューヨークへ転勤が決まった漱石からも「僕とニューヨーク行きませんか」と誘われていた。急にモテ期が訪れ、どちらか一方を選ばなくてはならない状況に有頂天になりながらも内心決めかねている。碧は当然のように空も一緒にくるものと思っていたが、大学もあるし東京に残るとあっさり言われてしまう。空はいつの間にか、母がいなくても東京で暮らせるほど強くなっていた。

■ゴンちゃんの叫びに反響!

一方ゴンちゃん(沢村一樹)は、「おだや」を訪れた一ノ瀬が「碧さん、年の割に捨てたもんじゃない。あれで結構いい女だ」と言ったことで大激怒。これまでずっと碧のそばで碧と空のどちらをも大切に見守ってきたゴンちゃんにとって、一人で苦労しながら子育てしてきた碧を侮辱するような言葉は許されることではなかったのだ。ゴンちゃんは一ノ瀬に激しく殴りかかり、「碧と空は俺のものだ」と心の内を吐露する。これまで碧や空に対して過剰に愛情を示さなかったゴンちゃんだが、ここで初めて本音が飛び出した。

誰よりも近くで碧たちを支えてきたゴンちゃんにとって、碧と空はもはや家族のように大切な存在なのだろう。ゴンちゃんの叫びにSNS上では「ゴンちゃん最高すぎました」、「ゴンちゃん、熱くて良かった」とその男気を称賛する声が集まる。また、ゴンちゃんを演じた沢村と一ノ瀬を演じた豊川の一騎討ちというベテラン俳優同士のぶつかり合いのシーンは鬼気迫るものを感じた。

■空、渉との恋に向き合う

母・碧が二人の男性からプロポーズされている頃、空はこれまで恋仲だった渉周一(東啓介)との関係と向き合っていた。渉を呼び出し「ごめんなさい」と別れを切り出す空。渉自身も、空の気持ちを知りつつ見て見ぬふりをしていたという。これまで空が自分の気持ちに気付けない時も、本当の親のことで悩んでいる時も、そっとサポートしてきた渉だけに二人の破局には切ない気持ちが込み上げる。しかしこれまで恋愛経験のなかった空が誠実な渉との付き合いを通して、“恋をする”ことに向き合うという成長を感じるシーンにもなった。

結果的に関係を終えることになってしまった二人だが、渉には“忘れられなかったうさぎ小屋の彼女”と思わしき女性からSNSで友達リクエストが届くなど新たな恋の予感も。自分の気持ちがうまく説明できない空に渉が投げかけた、「無理に気持ちに、関係に名前付けることないよね。そっとしとけばいい」はまさに真っ直ぐで誠実な渉の人柄が光る名言となっただろう。

■碧と空が気付いた“一ノ瀬の狙い”

碧と空は二人で話しているうちに一ノ瀬のとある“狙い”に気づく。それは、空が沖縄で一ノ瀬に「母ちゃんにはゴンちゃんが必要だ」と話したことで、一ノ瀬がわざとゴンちゃんを焚き付けたのではないかというもの。一ノ瀬は碧の幸せを願い、碧とゴンちゃんが本当はお互いを誰より大切に思っていることに向き合わせようとしたのではないか。これを機に碧は、辛い時に側にいてほしい人はゴンちゃんだと気づく。同時に、自分が後ろからついて行っていつまでもその人生を見守り続けたいのは空だと強く思うのだった。徐々に自立し自らの人生を歩む空の後ろ姿を思うように涙を流す碧の姿は、母親の愛の全てを表す。そして血の繋がりがない事を知った今でも、空にとっての「かあちゃん」は碧しかいないのだ。入野光(岡田健史)がノートを返しにきた時にさりげなく言った「空さん、寂しがってました」という言葉が二人の関係を物語る。

■入野と空に訪れた“はじまり”

入野と空は、二人で目指していたジャンプの新人賞で努力賞に入賞。空は渉との関係を整理し、入野は心ちゃんという彼女の存在がうそであったことを空に明かした。ここからが二人の本当の“はじまり”だ。漫画を描きながら、心を交わし、空と入野ならではの関係を築いていくのだろう。恋と一括りにできない大切な関係を、空は見つけたのだ。二人はやがて碧とゴンちゃんのように、かけがえのない相手になるのだろうか。空と光の尊い関係はSNS上でも「ちょっとずつ変化していく二人の関係が素敵」、「光と空の続編やって欲しい」などの声があがる。

碧も空も、それぞれが自分の居場所を見つけた『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』最終回。碧の「私は自分の行く場所は自分で決める」という言葉通り、母娘は各々の相手と向き合うことを通してしっかり答えを見つけていった。そして自分にとっての大切な場所で、どう歩んでいくかというところでこの物語は一旦締めくくられる。御伽噺のようなハッピーエンドではないが、これがリアルな“人生”なのだとうならされる。碧と空の笑顔にあふれた未来を、心から祝福したくなる作品だった。

【『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』概要】
TVerにて最終話を1週間無料配信中

元記事で読む