1. トップ
  2. ファッション
  3. タロウ ホリウチ 2015-16年秋冬コレクション - コントロールできるもの、できないもの

タロウ ホリウチ 2015-16年秋冬コレクション - コントロールできるもの、できないもの

  • 2015.6.14
  • 931 views

タロウ ホリウチ(TARO HORIUCHI)の2015-16年秋冬コレクションは、コントロールされた現代の日常とコントロールすることが出来ない時間や雄大な自然の掛け合わせから、ヒントを得てスタートした。

デザイナーの堀内太郎は、ダッフルコートやニットドレス、膝下丈スカートなど着心地のよいアイテムを提案しているが、そのベーシックさの中に強い個性を与えている。ダッフルコートのアーム部分には異素材を採り入れ、ニットドレスはアシンメトリーなシルエットに仕上げている。またカッティングやタックを繰り返し用いて、丸みや広がりのあるシルエットを展開。

落ち着きのあるコレクションに、弾けるようなスパイスを届けたのは絵画のようなカラフルな模様、そして柔らかいピンクやライトブルー、ビビットなグリーンといった色彩たち。有機的で柔らかいカラーと反自然的なケミカルカラーをドッキングさせ、その衝突から生まれるエネルギーを味方につけた。またファーのクラッチバッグやポップなサングラスなどの小物は、リズミカルなアクセントを差し込んでいく。

今季はDAN WILTONを迎えて、フォトストーリーも作成。ストリートキッズをモデルにロンドンで撮影したビジュアルは、クラシカルな一面と挑戦的な一面が共存している。色彩、素材、シルエット…とさまざまな観点に対比という考え方が存在している、今シーズンを体現しているようだ。