1. トップ
  2. 中村ゆりか「そんなに…とショックでした(笑)」本格アクション挑戦の報告に周囲が驚き

中村ゆりか「そんなに…とショックでした(笑)」本格アクション挑戦の報告に周囲が驚き

  • 2021.3.18
  • 294 views

3月21日(日)に放送されるスペシャルドラマ「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」(夜1:00-1:59、カンテレ)で主演を務める中村ゆりかが、3月18日、囲み取材に出席。本格アクションに初めて挑戦した中村は、約4カ月間練習に励んだと明かし、「練習していた時間がすごく長かったので、思い出深いです。一生懸命撮影に挑んだので、多くの方に見ていただきたいなという気持ちでいっぱいです」と本作に懸ける思いを語った。

【写真を見る】笑顔で撮影を振り返る中村ゆりか(ほか写真多数)

本作は、某国のエージェントとして日本で疑似家族を営みながら活動する“佐藤家”の活躍を描いたアクションコメディー。主人公の新米スパイ・佐藤みなみを中村、諜報工作の名手である父・俊夫を小市慢太郎、狙撃の名手である母・しのぶを真飛聖が演じる。また、物語のキーパーソン・上杉晴夏として、元乃木坂46の伊藤万理華が出演する。

スポーツ経験はフィギュアスケートと中国舞踊のみで、武術は全くやったことがないという中村。アクションの練習について、「経験が全くなかったので、基礎の部分からゆっくりなペースで教えていただいて、体が慣れてきてから立ち回りとかを教えていただきました。練習のたびに新しい動きが出てくるので、それを覚えたり、体がなじむまで時間がかかったのが大変でした」と振り返った。

中村のアクションへの憧れは強く、「子供の頃から、お父さんとよく映画を見ていて、『キャットウーマン』とか、アンジェリーナ・ジョリーさんがやっているアクション映画とか。『バイオハザード』も好きだったので、ミラ・ジョヴォヴィッチさんのアクションとかを見ていたら、女性が勇敢に戦っている姿ってすごく魅力的だなと思って憧れていました」と明かす。

そんな中で本作のオファーを受け、「かっこいいところを見せたいという気持ちが燃え上がって、ここは一生懸命やろうと心に決めて、アクションに向き合いました」とコメント。

しかし、アクションに挑戦することを周囲に報告した際は驚かれたようで、「父が一番びっくりしていて、『うちの子ができるのか』と(笑)。私は動かなそうな見た目なので、周りの友達も、Instagramの告知を見て『びっくりした』とたくさん連絡がきました。『そんなに…』とショックでした(笑)」と回想した。

「カットがかかったときに、真飛さんと笑い合いました」

本番については、「撮影前は、体力が消耗してメリハリがつかなくなってしまうんじゃないかという心配もしたんですけど、本番では、体に自然に染み込んでいたのがありがたかったです」と、練習の成果を発揮できたと話す。そして、「終わったあと、すごく感動しましたし、クランクアップのときは、気持ちがいろいろ沸き上がって涙を流してしまいました。夢のようでしたし、これで終わるのはすごく悲しい。撮影が終わったあとも名残惜しかったです」と打ち明けた。

アクションの練習に励んだ4カ月について、日々の癒やしを聞かれると、「追いつくのに必死で、覚えられなかったらどうしようという不安があったので、集中力が切れてしまわないように、チョコレートを持参して食べて、『よし!頑張ろう!』と気持ちを切り替えていました。あと、おうちに帰って、お風呂でいい匂いの入浴剤を入れて、匂いで癒やされたりしていました」とリフレッシュ方法を明かした。

また、アクション以外の見どころとしては、「疑似家族として集まっている家族の空気感が結構好きです。なんとも言えない絶妙なせりふの掛け合いがあって、カットがかかったときに、真飛さんと笑い合ったのが楽しかったです。見終わったあと、そこも面白かったなと思ってもらえたらうれしいなと思います」とアピール。そして、「迫力が満点なアクションはもちろん、コメディーもあったり、家族愛もあったり、全体を通していろんな方々に刺激を与えられるようなドラマになっていると思います。多くの方に見ていただけるとうれしいです。よろしくお願いします」と語った。

あらすじ

佐藤家は、一人娘のみなみ(中村ゆりか)、父・俊夫(小市慢太郎)、母・しのぶ(真飛聖)の3人家族。一見ごく普通の家庭に見える佐藤家だったが、お隣さんには言えない大きな秘密を抱えていた。それは、俊夫は諜報工作、しのぶは狙撃、みなみは格闘術に秀でたスパイとして日本に潜入した、血の繋がりのない疑似家族だということ。

ある日、一家に祖国からの指令がくだる。内容は、「ある企業が極秘に進める“新人工培養臓器の開発”に関するデータを入手せよ」。開発の重要人物である研究者・上杉信也(赤ペン瀧川)に近づくべく、みなみは信也の娘・晴夏(伊藤万理華)の家庭教師として上杉家に潜入することに成功。さらに、研究に没頭する信也への反抗心から非行に走る晴夏からの信頼も得ていく。しかし、晴夏との“ごく普通”な心の交流によって、スパイとして冷徹に任務を遂行するよう訓練されてきたみなみの心にも変化が生じる。

そんな中、佐藤家と同じようにデータを狙う別の組織の陰謀によって、晴夏の身に危険が及ぶ事態に。優先すべきは、晴夏の安全よりも、任務。それに背くことは“死”を意味する。それでも、みなみの心が揺れるのには、ある過去が関係していた。

元記事で読む