1. トップ
  2. 仲里依紗、“しんちゃん愛”爆発「『しんちゃんと共に育ってきた』と言っていいほど本当に大好き」

仲里依紗、“しんちゃん愛”爆発「『しんちゃんと共に育ってきた』と言っていいほど本当に大好き」

  • 2021.3.17
  • 206 views

仲里依紗が、3月17日に開催された「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」の公開アフレコイベントに、声で特別出演するフワちゃん、主人公の野原しんのすけと共に出席した。

【写真を見る】大好きなしんちゃんと自撮り棒でツーショット撮影!

「映画クレヨンしんちゃん」シリーズ29作目となる同作は、「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」「爆睡!ユメミーワールド大突撃」の高橋渉監督と、「オラの引越し物語 〜サボテン大襲撃〜」「新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」のうえのきみこが脚本でタッグを組むシリーズ初の本格(風)学園ミステリー。

嵐を呼ぶ“永遠の5歳児”のしんのすけとその仲間たち・カスカベ防衛隊が天カス学園に体験入学。そこで、多発する謎の怪事件に巻き込まれてしまう。同作で、仲は小中一貫校「天カス学園」内トップのエリートクラス・テン組に在籍し、怪事件の容疑者の一人となるエリートギャル“アゲハ”に扮(ふん)する。

仲はあいさつ冒頭から「本当にしんちゃんの大ファンだったんです!」と熱を込めて明かし、「小さい時から、『しんちゃんと共に育ってきた』と言っていいほど、本当にしんちゃんのことが大好きだから、今回、映画に出られて幸せです」と満面の笑み。

しんちゃんから「これって両思いってことでいいのかな?」と聞かれると、「OK!」とうれしそうな表情で答えていた。

また、ギャル役について「ずっとギャルになりたい、ギャルが大好きというのがモットー」と言い、「役作りはバッチリ! 絵と声だけだけど、今回ギャルになれたのでうれしかったです」と喜んだ。

イベントでは、生アフレコに挑戦。しんちゃんから「さすがですな。オラしびれちゃった~」と褒められた仲は、「本当に、声優さんをますますリスペクトしました」と口にし、「リップを塗ってるシーンとかあって。アドリブではないけど、『ふ~』と言ったり、(表現するのが)すごく難しくて。女優だけやってたけど、それだけじゃ追い付かないくらい難しかったです」としみじみ。

しんちゃんとの共演は「本当にうれしかった!」と満面の笑みで明かし、しんちゃんから再共演を期待されると、「本当にお願いね。頑張るからしんちゃんの力で呼んでね」としんちゃんにお願い。

最後には、「4月は新しいことを始める人も多いと思います。私はこの映画を見て『明日から頑張ろう』とすごくしんちゃんにパワーをもらえたので、皆さんもこの映画を見てパワーをもらってほしいです」とアピールしていた。

◆取材・文・撮影=TAKAMI

元記事で読む