1. トップ
  2. ファッション
  3. コンダクター 2021-22年秋冬コレクション - 荒々しさの中に潜む“胸キュン”ロマンス

コンダクター 2021-22年秋冬コレクション - 荒々しさの中に潜む“胸キュン”ロマンス

  • 2021.3.17
  • 255 views

コンダクター 2021-22年秋冬コレクション - 荒々しさの中に潜む“胸キュン”ロマンス

コンダクター(el conductorH)2021-22年秋冬コレクションが、ランウェイショー形式で2021年3月17日(水)東京・ホテル メルパルク東京で発表された。

www.fashion-press.net

コンダクター初のランウェイショー

ブランド設立から3年目を迎えるコンダクターは、デザイナー長嶺信太郎が手掛ける日本のファッションブランド。デザイナー自身が幼少期から現在までに影響を受けたカルチャーをインスピレーション源に作られた洋服は、ストリートのムードをくんだエッジィなデザインが特徴的だ。攻撃的なグラフィック、パンチの効いた色柄など”今っぽい”デザインであるが、生地・附属共に国内で作られた高品質素材にこだわるなど、日本男子らしい頑固なセレクト。伝統技術に敬意を称しながら、センセーショナルなデザインを提案している。

ブランド初のランウェイショーは、オーセンティックなスタイルでありながら、ショー終了後も何度も頭の中でリピートしてしまう、クセになるかっこよさがあった。東京タワー・増上寺近くのホテル地下駐車場という会場セレクトから、赤い蛍光灯のライティング、バンドによる生パフォーマンス、ストリートブッキングを含むモデル選びまで、“ショーをやってみたかった”というデザイナー長嶺の夢が詰め込まれているからだ。

元々洋服作りは、興味や疑問をもったトピックからストーリーを膨らませて一つの物語を作り、その登場人物たちの洋服をイメージしてデザインするという。今季は「ロマンス」をキーワードにコレクションを製作。俗悪・下品なを意味する“Vulgar”を加えて、「Vulger Romance」をタイトルに据えた。(○○な人という意味になる“er”へ変更した造語)。直訳すると、下品な人たちのロマンスという強めなワードになるが、人間の感情がむき出しの「荒々しいロマンス」という意味が強いという。

荒々しくセンセーショナルに

コレクションは、コンダクターが得意とする“今っぽいストリート感”を基盤に、荒々しさを融合。ビビッドなパープルやレオパード柄のもこもこアウターやレッドチェック柄のダブルジャケット、ウエスタン調のスエードブルゾンなどがラインナップしている。

パンツスーツのセットアップも、膝下や肘位置にリボンが巻かれ、ボトムスのバックスタイルにはジップが走り、パンキッシュな激しいデザイン。

ハート模様のカーディガンには、毒針や蔦を想起させる模様が全面を覆い、ジャージのセットアップにはパイソン模様のラインがあしらわれ、どこもかしこも気合の入った“ストロングな”仕上がりだ。

見つけたときに“キュン”とするフェミニンディテール

では、テーマの「ロマンスとは…?」という疑問を抱いて、コレクションを振り返ると、荒々しさの中に“キュンとする”細やかなディテールが取り入れられていたことに気付く。

例えば、ブラックのクルーネックトップは、袖元のグラフィックに目が奪われがちだが、首元から顔を出すインナーはフラワーレースのハイネックカットソー。ロング丈のパープルアウターには、アクセサリーのような飾りが首元にあしらわれているし、ウエスタンシャツも肌を透かせてみせるレース素材で仕立てられている。

また、アンダーウェアのようなショートパンツや、女性モデルが着用していたビキニスタイルに合わせたウエスタンブーツは、ハイヒール仕様。強さとパンチの効いたデザインでありながらも、どれもほのかにフェミニンな要素をはらんでいて、そんなポイントに気付いたときに胸がキュンとなるようなロマンスを感じさせてくれるのだ。

元記事で読む