1. トップ
  2. グルメ
  3. “アートなホールケーキ”専門パティスリー「ノリエノリ」浜松町に、苺のミルフィーユ「ナオミ」など

“アートなホールケーキ”専門パティスリー「ノリエノリ」浜松町に、苺のミルフィーユ「ナオミ」など

  • 2021.3.15
  • 3756 views

“アートなホールケーキ”専門パティスリー「ノリエノリ」浜松町に、苺のミルフィーユ「ナオミ」など

アートなホールケーキ専門パティスリー「ノリエノリ(NOLI et NORI)」が、2021年3月31日(水)、東京・浜松町にオープンする。

www.fashion-press.net

大阪の名店「ヤムヤムインナートリップ」の山名手掛ける「ノリエノリ」がオープン

東京・浜松町に店舗を構える「ノリエノリ」は、大阪の名店「ヤムヤムインナートリップ」で活躍し、人気パティスリー「セ・ミニョン」を開いた山名範士がエグゼクティブシェフを務めるホールケーキ専門パティスリーだ。

「日常を“特別”に変えるスイーツジュエリー」をテーマとし、厳選素材を使用した四季折々の創作フランス菓子を提供。デコレーションケーキは一部の常設メニューを除いて完全予約制となっており、ピースではなく“まるでアート作品のような”ホールケーキのみを展開していく。

看板メニューとなる苺のミルフィーユ「ナオミ」

「ナオミ」は、「ヤムヤムインナートリップ」の代名詞的存在でもあった苺のミルフィーユ。その名は、詩人・谷川俊太郎によってつけられたという。コアントローで香り付けしたバニラクリームとたっぷりの苺を、キャラメリゼした自家製パイでサンドした。茨城県産のブランド卵「奥久慈卵」や天然バニラなど、こだわりの素材で作り出す上品な味わいを堪能できる。

とろける食感、濃厚「バスクチーズケーキ」

「ノリエノリ」のバスクチーズケーキは、羊乳を原料とした、バスク地方の名産チーズ「オッソイラティー」を使用。こってりとした味わいと蜂蜜を思わせる豊かな甘味が特長の「オッソイラティー」により、濃厚で奥深く、とろけるように滑らかな味わいを実現している。

香りと楽しむフィナンシェ

香り高い「フィナンシェ」はちょっとした贈り物にもぴったりの逸品だ。澄ましバターのみ使用することでバター特有の乳臭さが取り除かれており、アーモンドの香りを存分に楽しむことができる。プレーンに加えて、京都老舗茶屋の抹茶およびほうじ茶を使用したフレーバーも展開する。

【詳細】
ノリエノリ(NOLI et NORI)
住所:東京都港区浜松町1-20-12 RENATA浜松町1F
営業時間:10:00~18:00
※営業時間が変更になる場合あり。最新情報は公式HPを確認。
定休日:日祭日
TEL:03-6453-0041

■価格
苺のミルフィーユ「ナオミ」3号 3,600円(税込)
バスクチーズケーキ 7,000円(税込)
フィナンシェ(プレーン/抹茶/ほうじ茶) 410円~430円(税込)

元記事で読む