1. トップ
  2. 新型コロナウイルス感染経験者と医療従事者の言葉を届ける資生堂のインタビュー動画にkemioが登場

新型コロナウイルス感染経験者と医療従事者の言葉を届ける資生堂のインタビュー動画にkemioが登場

  • 2021.3.15
  • 282 views
「資⽣堂Hand in Hand Project」キービジュアル ※提供画像
「資⽣堂Hand in Hand Project」キービジュアル ※提供画像

【写真を見る】動画内で“手守り習慣”の継続を訴えるkemio

3月15日、資生堂が医療従事者への感謝と敬意を届ける「資生堂Hand in Hand Project」で、動画クリエイター・kemioが新型コロナウイルス感染経験者と医療従事者と言葉を交わすインタビュー動画「資生堂Hand in Hand CALL」を公開した。

この動画では、kemioが新型コロナウイルス感染経験者からの電話を取り、感染したからこそ気付いたことや伝えたいことを質問。感染経路や症状だけでなく、隔離期間に感じたことや不安だったことなど、新型コロナ感染経験者のリアルな気持ちが語られている。

また同様に、医療従事者にも電話でインタビューを行い、医療現場で感じていることや感染予防の大切さを伝える内容に。動画の最後では、感染予防を続けるための一つの方法として、手洗いか消毒に、ハンドケアを合わせた“手守り習慣”を続けることを呼び掛けている。

「資生堂Hand in Hand Project」は、“正しい手指の消毒による感染予防”と“手洗いや消毒による手荒れを防ぐハンドケア”を実施する“手守り習慣”をより多くの人に伝え、賛同する取引先企業や消費者と共に感染予防に取り組むことで、医療従事者の力になることを目指す。同プロジェクトの期間中、携帯用消毒液を含む対象商品(全21種類)の利益は、医療現場のサポートのために寄付される。

kemio ※提供画像
kemio ※提供画像

kemioコメント

自粛をする生活が1年以上も続いている中で、自粛疲れもあって、日々の手洗いうがいを怠ってしまうというか、このくらいで大丈夫なんじゃないかと思ってしまっていたと、今日の会話を振り返って思いました。

一番気付いたことは、絶対に感染しないということはないんだなということ。自分がいくら気を付けているからといって感染しないということはなくて、自分の気付かないところで感染してしまったり、自分の大切な人に気付かないところでうつしてしまっている可能性というのが、この新型コロナウイルスのすごく怖いところなんだなと思いました。

だからこそ、今後の生活で“手守り習慣”というのを今一度考えて取り組んでいけば、少しずつ前の生活に戻っていくのではないかと思いました。

元記事で読む