1. トップ
  2. ファッション
  3. シンヤコヅカ 2021-22年秋冬コレクション - 夢が持つ曖昧性、直観を頼りに

シンヤコヅカ 2021-22年秋冬コレクション - 夢が持つ曖昧性、直観を頼りに

  • 2021.3.15
  • 347 views

シンヤコヅカ 2021-22年秋冬コレクション - 夢が持つ曖昧性、直観を頼りに

シンヤコヅカ(SHINYAKOZUKA) 2021-22年秋冬コレクションが、「Rakuten Fashion Week Tokyo 2021 A/W」1日目の2021年3月15日(月)にオンライン形式で発表された。

www.fashion-press.net

“夢”を着想源に

コレクション制作にあたり、どこか気持ちの晴れない日々を過ごしていたデザイナーの小塚信哉。そんなある晩、小塚が見たひとつの“夢”が、今季のムードを担う大切なインスピレーション源となった。

夢に現れたのは、絵画を模したニットと、それを気難しそうに眺めているペインターらしきモデルという不思議な構図。実は学生時代にも“夢”に倣った制作経験があるという小塚は、今回の夢に散らかったファクターたちを再び頼りに、実際に具現化することを試みたのだ。

アーティスティックなピース

目を惹くのは、小塚の絵画の夢を連想させるアーティスティックな表情のピースだ。ジャケットやデニムに現れた大胆なコラージュは、黒を基調にしたシンプルなスタイリングで提案。また水彩画のように、いくつものみずみずしいカラーを縦方向へと並べたワイドパンツは、同じく複数のカラーを取り入れた淡いニットとコーディネートしているのが印象的だ。

夢が持つ曖昧性

どこか不明瞭な記憶を辿るような“夢”という実態は、「曖昧」「ぼかす」をキーワードに掲げるシンヤコヅカのブランドコンセプトとも、深い重なりがあるようにも感じられる。

例えば大柄のチェック柄をあしらったセットアップは、本来“主役級”の存在感を放つピースのはずなのに、そのどこか朧げでくすんだ表情は、まるで小塚の夢の記憶を覗いているかのよう。またニットウェアに描かれた、家が並ぶ風景画も、ニットが持つ柔らかな質感と歪んだ編み目を活かした、非現実的なムードに満ちているのだ。

カラーパレット&コラボレーションアイテムも

カラーは、そんな夢が持つ曖昧性を表現するように、グレーやベージュ、ホワイト、くすんだグリーンといった淡いパレットを基調に、時折“目が覚めるような”レッドを差し込んで。また今季も以前から交流のあるヤビク エンリケ ユウジ やディッキーズ(Dickies)と再タッグをくんだほか、イーストパック(EASTPAK)とコラボレーションしたバックパックも新登場する。

元記事で読む