1. トップ
  2. ファッション
  3. プラダ 2021-22年秋冬コレクション - 身体と服の探求再び、中間地点を求めて

プラダ 2021-22年秋冬コレクション - 身体と服の探求再び、中間地点を求めて

  • 2021.3.15
  • 1302 views

プラダ 2021-22年秋冬コレクション - 身体と服の探求再び、中間地点を求めて

プラダ(PRADA) 2021-22年秋冬コレクションが発表された。ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズが共同クリエイティブディレクター体制となったデビューシーズンに続く、2シーズン目のコレクションとなる。テーマは、「POSSIBLE FEELINGS Ⅱ: TRANSMUTE」。

www.fashion-press.net

グラフィカルなボディスーツ

メンズコレクション同様、「個人の身体性」に焦点を当てた今シーズンは、身体にフィットするジャカードニットのボディスーツを象徴的に起用しているのが特徴。まるで“第二の皮膚”のように、ぴたっとフィットするこれらのボディスーツは、グラフィカルな模様を乗せることで、モデル達の身体の動きを鮮明に浮彫にする役割を担う。

ジャケットスタイルと融合

中でも印象的だったのは、本来クラシカルな印象を与えるテーラードジャケットスタイルとのドッキングだ。ジャケットの袖は肘上までラフにたくし上げ、膝丈のボトムスは大きな切れ込みを入れたルックは、従来のイメージを覆すアバンギャルドなスタイリングながら、逆説的に従来の制約から解放へと導く。そこから覗く鮮やかなボディスーツは、私たち本来が持つ身体の自由を、より一層生き生きと映し出しているようにも感じられる。

“中間地点”への探求

この<制限と開放>ともいえる表現を筆頭に、今季は<シンプルさと複雑さ><エレガンスと実用性>など、“両極”とされてきたものに存在する「中間地点」への問いを探求しているようにも感じられる。

この概念をうまくワードローブとして変容させているのが、対照的な要素をバランスよく融合させた意外性のあるピース。エレガントなイブニングドレスは、実用的なジャンプスーツとして再解釈。またオーセンティックなテーラードコートは、装飾性の強いスパンコールでユニークに提案されている。

ボリューミーなアウター

終盤にかけて登場した、“もこもこ”のファーを使用したアウターもまた、今季のムードを体現した一着といえるだろう。モデルがしっかりとフロントをホールドしたルックは、身体をしっかりとプロテクトする身体的なジェスチャーを高めると共に、ボリューミーなシェイプと露わになった華奢な体躯のコントラストを強調しているかのよう。また分量感たっぷりのボンバージャケットや、ゆったりとしたロングコートなど、逆説的に体躯のシルエットを引き出すアウターが散見された。

装飾にも“実用性”

アウターの袖やバックのポイントにあしらわれたのは、ブランドロゴ入りのミニポーチ。“実用性のある装飾”ともいえるこのディテールは、やはり相反する要素に存在する“空白”を求めた今季のムードを強く引き継いだものなのかもしれない。

元記事で読む