1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫にいつまでも「かわいい奥さん」と思われるためのヒント4つ

夫にいつまでも「かわいい奥さん」と思われるためのヒント4つ

  • 2021.3.14
  • 57857 views

結婚したからにはいつまでも夫婦仲良く、夫にはいつまでも「かわいい奥さん」と思われたいですよね。子どもができたりしてライフスタイルが変わると、そんなラブラブな夫婦でいることも難しくなってきますが、それでも夫から大事にされ、「かわいい奥さん」と思われるためには何をすべきか、ヒントを探ってみました!

「かわいい奥さん」と思われるヒント

家族でおいしい食事を楽しもうと、一生懸命料理をする

料理は妻の仕事、とは思いませんが、それでも家族ならではの親密さを感じられるのは、やはり日々の食事の時間ではないでしょうか。
毎日ではなくてもいいので、たまには「今日は頑張って、「おいしい食事を作るわ!」と、一生懸命料理をしている姿も健気で、夫の目には愛おしく映ることでしょう。家族の食事時間を大事にする、これは仲良し夫婦の大事なルールであり、幸せな家庭のイメージそのものでもあります。

夫が家に帰ってきたら、喜びを全開で見せる

夫が帰って来たのになんか不機嫌そう、というのはかなりな精神的ダメージとなるみたい。夫婦なのだから相手が帰ってきたら、「おかえりなさい!」と全身で喜びを表すような笑顔で迎えてくれると夫もうれしいし、「家に帰ってきて、よかった」という気分になるでしょう。
「もうずっと一緒にいるんだから」なんて思わず、気持ちよく夫の帰りを喜ぶ、それだけ新婚時代を彷彿させるし、「うちの奥さん、かわいい!」となるはずです。

誕生日や記念日におねだりする

夫が「かわいい」と思う妻は甘え上手。夫婦だからこそ妻が自分を頼り、甘えてくれるというのは夫のプライドを大いに満たすことになるのです。
だから誕生日や記念日、クリスマスやお休みには、「こんなプレゼント欲しいな」とか「今度こんなところに旅行に行きたい」と上手におねだりするべき。普段頑張っているからこそ、特別なときは思いっきり甘えてみましょう。妻にそんなふうに甘えられて、うれしくない夫はいないはずです。

たまにはのろけてみる

新婚時代は仲が良かったのに、いつのまにか夫に対して不満ばかり覚えているような妻では夫も内心うんざり。お互い多少嫌な部分が目に入っても目をつむり、「うちの夫ってこんなにステキなの」と堂々と他の人にのろけることができたら、妻として立派なもの。
そして夫もそんな妻を見直すし、惚れ直すことでしょう。一緒にいる時間が長くなるほど夫婦も辛口評価になりがちですが、愛される妻はそこできちんと夫を持ち上げるのです。

まとめ

新婚当初は仲良しでいられても、それをずっと続けてゆくのはなかなか難しいことだし、自分たちで意識してゆかなければ夫婦円満カップルにはなれません。「かわいい奥さん」、「愛される奥さん」になろう、なりたいという気持ちはやはりしっかり持っておきたいところです。

元記事で読む