1. トップ
  2. 見取り図・盛山、ニューヨーク・屋敷ら「ドキュメンタル」のパブリックビューイングで大喜利大会!

見取り図・盛山、ニューヨーク・屋敷ら「ドキュメンタル」のパブリックビューイングで大喜利大会!

  • 2021.3.12
  • 282 views

Amazon Prime Videoにて独占配信中の、松本人志企画・プロデュース番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン9」。その最新作の配信開始を記念し、好評を得たシーズン5のダイジェスト版を無料公開する初のイベント「#ドキュメンタル無料視聴ライブ パジャマパブリックビューイング」がYouTube LIVE特番として開催された。

【写真を見る】かまいたちが「ドキュメンタル」での苦悩をポロリ

同イベントには、MCを務めるかまいたちをはじめ、アシスタントとして堀田茜、その他のゲストとして見取り図・盛山晋太郎、ぼる塾・あんり、おいでやす小田、ニューヨーク・屋敷裕政らが“パジャマ姿”で出演した。

「パジャマパブリックビューイング」と銘打ち、イベントにはそれぞれがパジャマ姿で登場。

一同は、ファンの間で好評を博している「シーズン5」のダイジェスト版を視聴しながら、「ドキュメンタル」の魅力について語り合った。

また、「シーズン5」に唯一出演していたかまいたち・山内健司は、映像を振り返りながら「みんなが一斉に仕掛けるから、本番は全然思い通りにいかない」と、当時の苦悩をポロリ。

さらに「用意したのに実際は使えなかったモノも全然あった。バックヤードにたくさん小道具や衣装があったからみんなもそうだと思う」と、撮影の裏側を赤裸々に明かす場面もあった。

大喜利対決のはずが、キレ芸で笑いを

さらにイベント中には、視聴者からTwitterに寄せられたコメントに応えたほか、視聴者参加型の大喜利企画も開催され、Twitter上は盛り上がりを見せた。

そんな中、かまいたち・濱家隆一から「芸人の皆さんも、腕がなるんじゃないですか?」という前振りが飛び出すと、スタジオは一変。急きょゲスト芸人らによる大喜利大会が開催されることに。

急展開に「今日はゆるくって言ったじゃないですか!最悪や」(盛山)、「帰りてぇなあ。何でこの仕事受けたんだろう。余計なことしやがって」(あんり)などと、ボヤくゲスト陣だったが、MCのかまいたちから容赦なく出題されたお題に必死に食らいついていく一同。

しかし、そんな必死さもむなしく、回答しても微妙な空気が漂うスタジオに、終まいには「シバイたろか!」(小田)、「おい撮影スタッフ、“ドキュメンタル面”すんなよ!」(屋敷)などと、一同もはやツッコミを超えた“キレ芸”で、スタジオを笑いに包んだ。

なお、同イベントはAmazon Prime VideoのYouTubeチャンネルでアーカイブ配信中。

元記事で読む