1. トップ
  2. トリンドル玲奈、鷲見玲奈らが若きベンチャー社長のエスコートで渋谷の最新スポットを巡る

トリンドル玲奈、鷲見玲奈らが若きベンチャー社長のエスコートで渋谷の最新スポットを巡る

  • 2021.3.12
  • 525 views

渋谷スクランブルスクエア、渋谷ストリームやミヤシタパークなど、再開発が著しい東京・渋谷で会社を営む新進気鋭・若手ベンチャー社長が、女性タレントをエスコートしながら、自身の信念や人生観を語る“街ブラバラエティー”「私を渋谷に連れてって」(フジテレビ)が、3月13日(土)昼2:30から放送される。

【写真を見る】鷲見玲奈は工藤慎一氏と屋外バーベキュー場へ!

今回エスコートされるのは、鷲見玲奈、丘みどり、トリンドル玲奈、たんぽぽ・川村エミコという、バラエティーに富んだ4人の女性タレント。

現在の渋谷は「100年に1度」と言われる大規模再開発が追い風となり、他の街に移転したIT企業が戻ってくるなど、日本で最も活気づいており、「渋谷ビットバレー」とも呼ばれている地域。

今回、番組ではそんな渋谷ビットバレーを形成する企業の社長に光を当て、渋谷の街の「いま」そして「魅力」を紹介。渋谷ビットバレーで頭角を表す4人の社長が、“SHIBUYA”の街で女性タレントを1日エスコートする。

再開発が進む“新生・渋谷”の人気スポットや穴場スポットなど、社長だからこそ知る特別なスポットに女性たちをエスコートして巡る。

トリンドル玲奈をエスコートするのは、サブスクリプションサービス制のテイクアウトサービスを運営する谷合竜馬CEO。渋谷スクランブルスクエアの最上階デッキでトリンドルと待ち合わせ、レンタサイクルでボルダリングへ移動し、自身の会社が営むサービスを利用してランチを楽しむ。

また、鷲見玲奈をエスコートするのは、店舗の空きスペースを利用して荷物を預けられるサービスを運営する工藤慎一社長。新しく渋谷西口に誕生した「渋谷フクラス」にある、屋外バーベキュー場でランチし、サッカー経験のある鷲見とフットサルにいそしむ。

ほか、丘みどりはイベント入場時にスムーズに行える電子チケットサービスやライブ配信サービスなど、スポーツやエンタメのデジタル化を手掛ける伊藤圭史代表取締役、川村エミコはマッチングアプリを手掛ける上條景介CEOのエスコートで、それぞれ渋谷の最新スポットを巡る。

企画:野崎理氏(フジテレビ編成部)コメント

私が社会人になりたての頃でしょうか、学生時代慣れ親しんだ東横線の頭端式のホームが地下化されたとき、少し寂しい気持ちになった渋谷駅。それからというもの、渋谷駅をハブとして、スクランブルスクエアやフクラスなど、続々と新スポットが誕生し、昔の渋谷が一新されつつあります。

ただ、昔の面影がなくなるさみしさというよりは、今は次々と誕生する新スポットの先進性や利便性に驚くばかりです。そんな魅力あふれる「新生・渋谷」に企業も集まってきているということを知り、この企画が生まれました。

この街で会社を営む社長と今旬の女性タレントが新しく生まれ変わった渋谷を舞台に、感染予防も施しながら街ブラをするという、今までの街ブラバラエティーとは一線を画す内容です。

コロナ禍で生きづらい世の中ではありますが、この番組を見ながら渋谷を疑似体験していただき、そして、コロナが落ち着いた後には、渋谷へ足を運ぶきっかけになればと思います。

※野崎理氏の崎は、「タツサキ」が正式表記

元記事で読む