1. トップ
  2. 森田剛「やっぱり特別だと思う」V6のデビュー25周年記念日に行われた配信ライブに密着<RIDE ON TIME>

森田剛「やっぱり特別だと思う」V6のデビュー25周年記念日に行われた配信ライブに密着<RIDE ON TIME>

  • 2021.3.12
  • 870 views

3月12日(金)の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(毎週金曜夜0:55-1:25、フジテレビ)は、2020年にデビュー25周年を迎えたV6に密着。V6は1995年11月1日、国立代々木競技場第一体育館でデビューを果たした。

【写真を見る】スーツ姿でポーズを決める三宅健、森田剛、岡田准一

その後、節目はもちろんのこと、過去何度も同館でライブを行ってきた。そんな、グループの“聖地”とも言える場所で、デビュー25周年の記念日に「V6 For the 25th anniversary」が開催された。

コロナ禍により配信となったものの、逆にその強みを生かした演出にこだわり、メンバーが意見を出し合い、事前収録とライブ映像を織り交ぜる構成が練り上げられた。また、会場に訪れることができない観客といかにその場を共有できるのか、心づくしの演出が加えられた。

2020年の秋に、リハーサルが始まった。確認していたのは、ライブの終盤にファンクラブ会員に向けて披露する新曲「クリア」。メンバーがラッパーのKREVAに制作を依頼した楽曲だ。井ノ原快彦は歌詞が書かれた資料を指しながら「もろ、今のって感じだと思うよ、V6の」と話した。

リハーサルと並行し、25周年を記念して発売されるビジュアルブックの打ち合わせが行われた。この日は、写真と共にインタビューを掲載するかどうか検討されていた。メンバーからは、言葉がない方が伝わる、という意見が。

さらに収録する写真について、岡田准一が昨年秋から撮り始めていたメンバーのオフショットも使用するのはどうか、という提案が出た。森田剛は「他の人ではありえない距離にいるじゃん、メンバーだから。その写真はやっぱり特別だと思う」と話した。

衣装の打ち合わせでは、三宅健が「ステージ衣装=スパンコールみたいな概念をなくしてほしい」とスタッフに提案。等身大の自分たちを見せたいと、話し合いが重ねられた。

25年間、かけがえのない時間を共に積み重ねてきた。そんな今だからこそできる表現を追い求める6人の姿に迫る。

元記事で読む